白目にタイ唐辛子が、と思いきや実は



0 コメント
血だった。正直驚いた。

その真っ赤な”しみ”の存在に気づいたのは、コンタクトを入れているときだった。0.5センチ四方くらいの真っ赤な”しみ”が白目に張りついていたのだ。

最初見たときは、タイという土地柄も手伝って、完全にメシに入っていた唐辛子が目に入ったものと思い、必死に指で取ろうとした。でも、その真っ赤な”しみ”は、一向に動かない。

しかも、唐辛子が目に張り付いている割には、まったく沁みない。

まさか血?と思う。

気の小さい僕は、その瞬間から目の前がくらくらする。異国の地で、目から出血なんて・・・。

すぐにグーグルで検索。「白目」というキーワードを入れた時点で、候補として「出血」が出ている。その数、9万件以上。

どうやら、僕と同じ症例で悩む人はかなりいるようだ。その人たちと、精神的な痛みを共有した気になる。

そして、ドキドキしながら、「白目」と「出血」で検索されたページを閲覧する。もうこのときの僕の頭の中はすでに、バンコクの眼科はどこにあるかでいっぱいだ。

最初に見たページには次のようにあった。

「白目部分が一部赤く染まるのは結膜下出血といい、結膜下の小さい血管が破れ出血したものです。思い当たるフシがないことも多く、大体1~2週間で自然と吸収されてなくなり、きれいな白目に戻りますのであまり心配は要りません。イメージしにくいかもしれませんが、結膜というのは、眼の外側なので視力が落ちたりすることもありません。」(『All About健康・医療』より)

あぁ・・・。よかったぁ~。激しい安堵感。

念のため、ほかのページを見るも、やはり同じような記載。

例で出されている写真を見ても、僕の症状とまったく一緒。どうやら、とりあえずは大丈夫なようだ。いやはや、よかった。


とりあえずホッとした気分で、近所にメシに行くことに。

すると、アパートの1階にある食堂で働く兄ちゃんに出会う。はっきりいって、この兄ちゃんは食堂を辞めたのだと思うくらい、ずっと見ていなかった。

実は、彼がいなくて、少々不便な生活を送っていた。

というのも、彼はアパートの住民から注文を受けた食事を、各部屋へもっていく出前担当者なのだ。そんな彼がいなかったので、出前ができず、いつも1階の食堂に自分で取りに行かねばならなくなっていたのだ。

ということで、まずは彼の復帰を喜びたい。

それにしても気になったのは、ふさふさだった彼の頭が、丸坊主になっていたことだ。

「あれ、久しぶりだね。ていうか、髪切ったんだ」

「まぁね、出家してたんだ」

そうか。タイの男性は一生に一度は出家するのだ。

「そうか、それで見かけなかったんだね。僧になったから沢山の徳を積んだんだねぇ。修行生活は大変だった?」

「まぁね。それよりその目はどうしたんだ?いったい」

この目は、修行終えたての人から見ても、目立つらしい(意味分からないけど)。

本当に治るか不安になってきた。

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.