アヌサワリー(ビクトリーモニュメント)に新しくできたクワイジャップ屋。



0 コメント
晩飯は、アヌサワリー(ビクトリーモニュメント)に新しくできたクワイジャップ屋。

先ほど紹介したサンティパープ公園のすぐ近くである。

新しくできたばかりということで、店内はピカピカ。タイの食堂には必ずある、ナンプラー、砂糖、酢、そして唐辛子のセットも、まだまだ綺麗である。



クワイジャップとは、内臓系の具がたっぷり入ったスープの中に、クルクルっと丸まったモチモチした米の麺が合わせられる、麺料理である。

まぁ。麺料理といっても、米麺はマカロニくらいの長さだけど。

で、今日は軽く胃もたれしていたので、クワイジャップの麺抜きで、内臓がたっぷり入ったスープのみを食した。ま、本来なら胃もたれしてたら、もっと体にやさしいのを食したほうがいいのだろうが、そこは気にしない。



さっそく、一口。うん、おいしい。

レバーがやっぱり最高だ。内臓系のスープということで、臭みを想像しがちだが、まったくそんなことない。とてもおいしくいただけるのだ。

アヌサワリーの駅のバスロータリー付近には昔っから営業しているクワイジャップ屋があって、僕はそこのファンだが、今日のクワイジャップ屋は、そこにも負けず劣らずおいしいと感じた。

今度は米麺入りを食そう。

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.