ロッブリー・ナーラーイ宮殿遺跡での壮大なクラシックコンサートと、パチパチ音。



2 コメント




「ここロッブリーでは1年に1回、遺跡を前にしてのクラシックコンサートがある」

 ニウェート氏から誘いを受けて、先日(実はかなり前)行って来た。


場所は、ナーラーイ宮殿。

17世期にナーラーイ王によって建てられた宮殿で、現在は博物館となっている。 



宮殿の入り口は、顔が異常に広いニウェート氏のおかげで顔パス。

で、博物館の責任者の方々の紹介を受ける。

全員、とても気さくなおばちゃん方で、実はコンサート後には、ともにビールを呑んだ次第である。

 ま、ニウェート氏とつるむと、いつもこういう結果だ。


それはさておき、コンサートが始まるまで、遺跡をニウェート氏に少し案内してもらう。


かつて、ナーラーイの遺跡に関わる仕事をしたことがあるというだけに、詳細にかつ、軽快にそれぞれの説明をくわえるニウェート氏。 

彼の大学での授業は、生徒にとって、きっと楽しいことだろう。


 で、日が沈みはじめようかという頃、いつものようにちょいと水分補給。



悠久の歴史を今に伝える遺跡のなかで、夕焼けを見上げて飲む一杯は、格別だ。



さて、コンサートが始まった。 


タイやラオの伝統音楽や、クラシック音楽などが演奏される。




壮大な遺跡をバックにした音楽や踊り。

建築を含めた総合芸術である。

ガラにもなく、瞳を閉じてみたりして、芸術を楽しむ。


パチン!

パチン!


明らかに音楽とは趣を異にする、手を叩く音が妙に騒がしい。

そう。

会場には尋常じゃない蚊がぶんぶん飛んでいて、観客がそれに翻弄されているのだ。


壮大な遺跡。流れるクラシカル音楽。そして、パチパチ音。 

このすべてが組み合わさってこそ、どこか間の抜けたようなタイ・ロッブリー特有の
クラシックコンサートが仕上がるといえよう。




<関連記事>
夜空に舞う、コムローイ(天灯)。ロッブリーの一家団欒。
ピマーイ遺跡。どことなく感じた”わび”の源泉。
夕方5時からの、ロッブリー風情。
タイ・ロッブリーのプール。日々、分刻みで行動す。
車窓から見たアユタヤー付近の洪水。その大変さを少しだが、でもモロに実感する。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




2 コメント:

Phimai at: 2014年1月11日 22:04 さんのコメント...

ニウェート氏、お顔が広そうでお友達になりたい感じですねぇ~(笑)。
遺跡で音楽や踊りとかタイではよくあるんですね、雰囲気がよくていいですね。
お正月もとっくに過ぎてしまいましたが、明けましておめでとうございます。
今年も宜しくお願いします!

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2014年1月13日 7:54 さんのコメント...

phimaiさん
こちらこそ、今年もよろしくお願いいたします!
ブログも、相変わらず不定期な更新状態ですが、もちろん続けます!(笑)

ニウェート氏…いつか紹介できるといいんですけどね。
あの人は、人と関わることが大好きですから、いろいろなことをしてくれたり、教えてくれたりしますよ。
タイのこと、とても深く知ることができると思います。
ただし、酒をかなり飲むことになりますが…笑

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.