車窓から見たアユタヤー付近の洪水。その大変さを少しだが、でもモロに実感する。



4 コメント



「ロッブリーまで、1人」

「はいよ」

そう言って、チケットが渡された。


「日本人です。ただじゃないんじゃないですか?」

「ああ。そうか。じゃ、28バーツ」

僕の顔をちらりと見て、チケット売り場のおっちゃんは言った。


買ったのは、バンコク発16時30分、ロッブリー着20時予定の電車のチケット。

先週の土曜日のことである。



バンコクの電車の窓口、ファランポーン駅。

ここは、何度来ても心が騒ぐ。

旅路の途中の旅行者はもちろん、故郷へと帰る者、商売に行く者、様々がごったがえしていて、独特なムードがそこにはある。

もちろん、駅の建物自体も赴き深い。


そしてなにより、駅をとりまく自分の思い出がいろいろと蘇る。

大学生だった頃に、ここからカンボジアへ行き来したことなんか、遠い昔のような気もするが、最近のような気もする。

友人と疲れきってファランポーンに戻り、そして駅で食べたカツカレーは忘れられない。

うん?いや、うどんだったか?

あれ?どうやら忘れかけているようだ。

今度、友人に聞いてみよう。


まあ、いずれにしても、あれからも、何度もこの駅に来た。

そのたびに、なんだか感慨深い気分になるものだ。


さて、16時30分。電車はロッブリーに向けて出発した。

夕暮れの町並みをみて帰るために、北上する電車の進行方向左側の席に座る。

で、思惑通り、18時前くらいから、夕日の町を電車は駆け抜ける。

ちょうどアユタヤー付近である。




夕焼けに染まる町並みは美しい。



「なんだか、空だけでなくすべてがオレンジ色に輝いているな」

なんて、ちょっと呟いてみたら、実際全てがそうだった。



洪水である。

アユタヤー付近は、洪水が始まっているのだ。

水面の鏡に町が、空が映りこんでいるのだ。

こちらの映像をご覧頂いても、その様子はうかがえるであろう。





それにしても…

皮肉にも美しい。

この付近の田んぼは全滅してるだろうし、生活もさぞ大変だろう。


でも、人間の生活を飲み込む自然の脅威も、時に美しくみえることがあり、なんとも切ない。


そんなことを思っていたら、日が沈んで真っ暗になった。

それからである。

僕も洪水の大変さの一端を知る。


おそらく洪水のためだろう。

蚊が大量発生していたのだ。

暗闇を電気をつけて疾走する窓全開の電車に、どっさりと入ってくる蚊の大群。

周期をおいてどさっとくるその数、一回につき10〜20匹。


そこからは、乗客全員、蚊との戦いである。

テケテッテンテッテケッテッテン…というドリフ的な音楽が聞こえてきそうなほどに、てんやわんやの車中。

あちこちで、パチっという音が聞こえる。


日が暮れてからロッブリーに着くまでの1時間強。

嫌というほど、洪水の大変さを知った。


もちろん、洪水被害をもろに受けている人の苦労は、こんなもんじゃないだろうと思う。

本当に気の毒だ。

お気に入りの白いズボンが蚊で汚れたくらいで、しょげてちゃいけない。





<関連記事>
70年前のバンコク洪水映像。拡大する街、変わらぬタイ人。
タイ王家による歴史的な洪水対応(ライ・ナーム)
洪水を忘れさせる睡魔。
70年前のバンコク大洪水映像を撮った男の話が、なぜか”密林のコブラ”宣伝の愉快性に着地してしまう友人のこと。
タイ深刻な洪水。でもホンワカさせられる場面の数々。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!



4 コメント:

Phimai at: 2013年10月15日 20:56 さんのコメント...

ほんと、洪水地域に住んでる方に申し訳ない程美しいですね。
ファランポーン駅雰囲気が好きだなぁ~。
私はコーンケンまで行きましたが駅員さんに1等席はどうだ?
と勧められても、いいや3等席!と言い張り、おかげで乗り合せた
地元タイ人の人達とすごくいい思い出ができました。あとで1等席を
覗いてみたら殆ど白人の人達でした。面白くねーー。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2013年10月15日 23:11 さんのコメント...

ファランポーンいいですよね〜。
僕も大好きです。
思い出も多いし。
ま、友人からすぐにTwitterで、「カツカレーでもうどんでもない。カツ丼だ!」と訂正がきましたが…笑

3等席いいですね。僕も、この前乗ったのは3等席。おかげで、蚊の大群に悩まされましたが、まあいい経験です。
それにしても、「面白くねーー」って面白いですね。

ナーン at: 2013年11月3日 11:23 さんのコメント...

ナーンです。
いやあ~動画見させてもらいました。
タイでの車窓が切なく見えました。
今年も洪水ですか・・・毎年タイのどこかしかで被害がありますね。
そうですか、蚊が大量に発生するんですね、そりゃあたまりませんね。

写真が本当にいいですね。
そのときの感じを切り取るのが上手いと思います。
駅らしいとこで佇んでいる人と夕焼け、いいですね~。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2013年11月8日 22:13 さんのコメント...

ナーンさん
いつもながら洪水は大変ですね。でも最近は雨がほとんど降らず、だいぶ水もひいたようなので、一安心です。
とはいえ、いま、超大型の台風が迫ってくる可能性があると聞いてます。
自然の脅威はやはりすごいですね。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.