東野圭吾『手紙』



0 コメント
東野圭吾『手紙』文春文庫・2006年



強盗殺人を犯した兄を持つ弟の、悲しい人生の話だった。

弟の人生の様々な場面で、殺人犯を犯した兄の存在が立ち現れて、邪魔をする。
何をやってもうまくいかない。
殺人犯を身内にもつ現実を、真正面からリアルに描いたこの作品のラストは、泣けた。

真保裕一『繋がれた明日』なんかもそうだが、殺人犯に関わる内容は、やはり、重い。

『繋がれた明日』は、殺人犯を犯したものが出所後、社会の中でどのように生きていくかという物語。そして、『手紙』は殺人犯を犯してしまった者をもつ家族の話しだが、どちらもやはり、重い。

でも、両者の本は、重くて、生々しいテーマに対して、真面目に真摯に、真正面から迫っている。

だから、深い感動を与えるのだろうなぁ。

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.