娘を思うタイのおっちゃん、出店で大奮闘!



2 コメント

祭りの夜。

裸電球をぶら下げた出店が現れ、そこでは、悲喜こもごもの人生模様が垣間みれる。

まぁ、それはちょっと大げさな言い方かもしれないが、それでもそんな様子は日本もタイも変わらない。







色んな店が並ぶ。

たとえば子供のためのルーレット場、(大人も夢中になる。というか大人の方が…ピンキーなおばちゃんを見てもお分かりいただけよう)





ボールゲームの場、(白い部分にボールをあてて、跳ね返ったボールが箱の中に入ればOK。これがすこぶる難しい…本当に)





(全員、失敗。ちなみに僕もやったが駄目)


缶をすべて落とすゲームなどなどだ。







そんな中、缶落としに挑戦するタンクトップのおっちゃん。



後ろ姿は真剣そのものだ。



背後で娘が見守っている。



おっちゃんは娘のために景品獲得を目指しているのである。



何度か挑戦するが、すべて失敗。

おっちゃんは一見強面だが、失敗するたびに爆笑。




「駄目だ、こりゃ!」

そう僕に言って、豪快に笑っている。

娘はちょいと照れくさそうだ。

何度か挑戦し、ついにおっちゃんはあきらめた様子。



そこで僕は、おっちゃんのもとを離れてウロウロする。

すると違う場で、笑みを浮かべてクッションを抱えたおっちゃんに出会った。



どこか勝ち誇っている。



「お!取れたんですね」

僕はおっちゃんに話しかけた。



「いや、買ったんだ!」

そう言いながらおっちゃんは爆笑した。



「買ったんですか?」

僕もつられて笑った。



「いや、いや。そんなわけにはいかないですよ。お父さん。これは景品ですから、ゲームでとって下さい」

店の人に言われた。

そんな…

笑顔が消えたおっちゃん。




笑っていないと、ちょっと怖い。



「そんなこと言うなよ。いいじゃないか」

交渉するおっちゃん。





「いや、いや。お父さん。あのですね…」




説得する店員。



なんてことだ…

そんな雰囲気が立ちこめる。



おっちゃんは、ちらりと娘を見やった。



”娘は景品をほしがっている。ここで引く訳にはいかない”

そう考えたのだろう。

おっちゃんは交渉を再開した。



「分かった。もう一度ゲームはやる。それで勝ったら景品はもちろんもらう。でも、もし負けたらその時は売ってくれ」



食い下がるおっちゃん。


結局、店の人も根負けし、○○バーツで売ることが決まった。(いくらか不明)

パーと表情が明るくなる。




「ハッハッハ。よーし、決まりだ。やるぞ」

と、おっちゃんは爆笑した。

店の人もおっちゃんの豪快な性格につられて笑う。

僕を含めたギャラリーももちろん笑う。



反面、娘はかなり照れくさそうにしている。

何度か「もういいよ、お父さん」とも。

だが、そんな娘を他所に、おっちゃんは静かに勝負の場に立った。



背後で見守る娘。

娘はこれまでおっちゃんの背中を見てきて育ったのだ。

ここまできて引くような父ではないことは一番良く分かっている。

ということで、獲物を手に半笑いで見守ることにしたようである。



真剣なおっちゃん。

周りも息をのむ。



ビュッ、ビュッ、ビュッ。

3回ボールを投げた。

「ああ!駄目だ〜。くっそ〜」


おっちゃんはそう言って、財布に手をかけた。


「ごめんな〜。娘よ。取れなかった。買い取るぞ!」



豪快に笑いながらクッション代を支払った。



そしておっちゃんは、クッションを抱える娘の頭をなでながら夜道を歩いて行った。

照れながらも、大事そうにクッションを抱える娘の姿が印象的だった。



娘は将来、祭りのときや、出店を見るたびにこの日のことを思いだすかもしれない。



周囲を気にせず、豪快に突っ走るおっちゃん。

そんなおっちゃんの背中を娘は見て育ってきたし、これからもそうだろう。




一緒にいるとちょっと恥ずかしいときもあるかもしれない。

でもおっちゃんは、いつも娘を思って突っ走っている。

豪快に笑っている。



”お父さんの背中はいつも大きかったなぁ”







そんな風に懐かしむときがいつかきっとくる。

なんだか、そんな気がした。




このエントリーをはてなブックマークに追加


<関連記事>
タイのCM 生命保険 My Girl編
タイ・イサーンで大人気。”同郷の仲間たち(คนบ้าบเดียวกัน:コン・バーン・ディアオカン)”



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!



2 コメント:

Phimai at: 2012年7月4日 22:56 さんのコメント...

何だか泣かせるじゃぁないですかーRyotaさん。
日本の縁日と同じ感じだけど、こういう親子の風景を日本で
見たことあったかなぁ?と考えてしまいました。
とっても心温まりますね。と思いつつ、
ついついありゃ?キティーちゃん?ドラえもん?なところに
クスっと笑ってしまう・・。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2012年7月4日 23:10 さんのコメント...

キティやドラえもん、プーさん…オンパレードですよね。笑 さすがタイ!って感じです。
僕はこのおっちゃんと少しの間接していて本当に爆笑しましたが、それでもなんか同時に少しの物悲しさも感じたんですよね。
悲し面白いというか。ま、おっちゃんにしたら「余計なお世話だ!」みたいな感じでしょうけどね。笑
でも、なんかいいな〜って思いましたね。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.