インラック首相の大学訪問を間近に控え、急ピッチで進められる深夜の準備。



0 コメント





「りょうた。せっかくだから、インラック首相を迎える大学の準備の様子を見に行くか」

昨日の夜、先生たちとお酒を呑み、帰りに車で家まで送ってもらうときニウェート先生に言われた。



実は来週、大学にインラック首相が訪れる。

そのため、大学は大忙し。

厳重な警備体制をしき、かつ、キャンパスの環境を整えなくてはならないのだ。



「いいね。行ってみよう」

僕はニウェート先生に言った。



深夜12時をまわった大学に入り込むということで、少しワクワクする。

静まり返った学校に忍び込む、そう、気分は青春時代だ。

と思いきや、大学内はトラックや、工事人らでとても騒がしい。

電気も煌々とつけられていた。



インラック首相が訪れるという、大学内でいちばん新しいビルに入る。

「ここがインラック首相らが会議を行う部屋だ」



先生が言った。

あ、蛾だ。


部屋を覗いて見ると、ちょうどカーペットの敷きかえが行われていた。



先生によると、首相を迎えるために、全てが新調される。

壁紙も、





クーラーも、



トイレも、




すべてである。



その予算は、僕も聞いたが、とんでもない額だ。

それが政府からの命令で行われている。

「とんでもなく税金の…」

僕だけでなく、先生陣はみな思っているようだが、おおっぴらには言えない。



ある部屋にいったら、ニウェート先生が工事人に妙に歓迎されていた。

渡されるタバコ。

僕にもそれは渡された。

彼らは、仕事をしつつも、夜中ということで、ビールを呑みながら、一服している。

ワイワイと、語り合う先生と工事人。





しばらく談笑し、大学をあとにした。



「工事の人はロッブリーの人たちなの?」

僕は聞いた。

「いや、彼らはバンコクから来ている」

「へ〜。バンコクの人なんだ」

「いや、彼らは全員、イサーンの人だ」



首相を一日迎えるためだけに、大掛かりな工事をしなくてはならない、地方の国立大学。そして、それを担うイサーンの人たち。

なんだか、タイ社会の縮図をみたような、そんな気がした。


ところで、そのイサーンの人たちの日当をニウェート先生から聞いて、少し驚いた。

僕が思っていたよりもずっといい額をもらっていたからである。

なにごとも、イメージだけで決めつけてはだめだなぁ。




<関連記事>
タクシン氏、ラオス訪問。氏の巧みな対外政策史と今後の方向性。
タクシン氏の国家観 ~国は企業、首相はCEO~
30半ばの日本人、タイの女子大生の部屋でなんとも痛たまれない気持ちになる。
バンコクの漢字イベントと、我が生徒達の健気さと気楽さ。
タイ国立大学教員のぶっとい使命感




人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.