30半ばの日本人、タイの女子大生の部屋でなんとも痛たまれない気持ちになる。



0 コメント


先日、猿と遺跡、そしてひまわりで有名な町ロッブリーに入った。



今月いっぱいは、勤務先である大学敷地内のホテルに宿泊するようにと先方から言われていたが、ホテルが改装中となり突然に宿泊先を失った。

僕としては、別にタイで宿を探すことに対して抵抗がないので、放っておいてもらっても構わなかったが、先方としてはそうはいかないだろう。

ということで急遽、取られた苦肉の策が、とある大学生を今月いっぱいだけ部屋から追い出して、その部屋に僕が泊まるというものだから、驚きである。

しかも、それが女子大生の部屋だというから、さらに驚きだ。



会ったこともない女子大生の部屋で、ボーと部屋の天井を眺める。




女子大生からみれば完全におっさんであろう30半ばの日本人。

そんなおっさん(見ず知らず)が部屋でゴロ〜ンとしている。

こんな姿を女子大生が見たときの、彼女の気持ちを想う。

なんとも痛たまれない。

僕が逆の立場なら…。うん。絶対に嫌である。




<関連記事>
洪水を突き進むトゥクトゥクなど・・・タイ人の変なアイディア集。
70年前のバンコク大洪水映像を撮った男の話が、なぜか”密林のコブラ”宣伝の愉快性に着地してしまう友人のこと。
意味不明な警察署の写真。
カオサン通りの全長550歩、動画撮影の試み。それと読書。
100年前のタイの日本人写真師。たまり場こそ歴史の原動力。ーンの納骨式
タイ長距離バス。これいるか?



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!



0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.