雨乞い儀礼のロケット祭り(ブン・バンファイ)の意味。そして、ワールドダウンタウンのチャーリーウィラポン。



2 コメント
タイ。

今、全国的に水不足らしい。雨季に入ったのにも関わらず、だ。

きっと僕のお世話になっているイサーン(タイ東北部)は、ひどい水不足に悩まされていることだろう。

イサーン(や、ラオス)で盛大に行われるブン・バンファイ(通称ロケット祭り)の効果はなかったのだろうか…。


うん?ロケット祭り。

そう。それは、あの伝説の番組(一部で)”WORLD DOWNTOWN ワールド・ダウンタウン”でチャーリー・ウィラポンが紹介した、あの祭りだ。



(あと、”イッテQ”で、宮川大輔さんもこのロケット祭りに参加していたかな…)


この、最高に面白いワールドダウンタウンの映像でも分かるように、ロケット祭りは、竹製のロケットを空高くまで打ち上げるという祭りだ。どのロケットが一番長く飛んでいるかを競い合う。

滞空時間の長いロケットにいたっては、5分以上も落下してこないほど、はるか上空に飛んでいくというから、驚きである。


では、なぜロケット祭りが、雨乞い儀礼としての意味合いをもつのだろうか。その思想を紹介しよう。


そもそも、イサーン地方は(1)慢性的に雨量が不足し、(2)土地に高低差が少なくて灌漑が困難で、(3)土壌が砂状で、栄養分が少ない、といった環境下にあり、生産活動を行うには非常に厳しい地域だ。

イサーンの農民は、厳しい環境下で、天水に依存しながら農業を行うわけで、雨は生活にダイレクトに影響する最も重要なものなのだ。

だから、雨季の始まりである、陰暦6月には、ロケット祭りが実施され、今年の雨季の豊富な雨量が願われるのである。


では、なぜそれがロケットの打ち上げ、という形態をとるのか。

それは、イサーンやラオスの人々は、天空にパヤーティエンという男神がいると考えており、その男神にロケットを奉納するためなのである。

男神がもしロケットを気に入れば、彼は恵みの雨をもたらすと信じているのだ。

そして、男神の落とした雨は、彼の精液を象徴し、その精液を受けた大地の女神メートラニーは、大地の生命-稲-を誕生させるのである。

つまり、イサーンの人々は、パヤーティエンからの恵みの雨によって、その年の豊作と豊穣を得ることができると考えているわけである。


こうした伝統的な信仰に基づいて、イサーンやラオスの人々は、毎年必ずロケット祭りを実施する。(まぁ、とはいえ、近年は、コンテスト、あるいは娯楽としての意味合いが非常に強くなってきているが…)

大人も子供も、ロケットが空高く飛んでいくのを、のどかにワイワイと眺めるのである。



ただ、問題もある。

それは、ワールドダウンタウンでもあるように、この祭りは、ロケットがどこに落下するかわからないといった危険がつきまとうのだ。

通常、ロケットは落下時にパラシュートが開くようになっていて安全なのだが、時折、パラシュートが開かないこともあるのだ。

ロケット祭りの季節になると、必ずといっていいほど、どこかの県で死傷者が出るのである。


で、実は、僕も数年前にヤソートン県でのロケット祭りに参加したのだが、その際、目と鼻の先にロケットが落ちたことがあった。

パラシュートが開かず猛烈な勢いで竹製のロケットが自分の方に落下してくるときはさすがに驚いたものである。


そのとき、実況中継していたタイ人。

彼はマイクで絶叫。

「危ない、危ない!気をつけろ!よけろ!」

しかし幸いにも誰にもあたらなかったことを確認すると

「ハハハ。よーし、大丈夫。次行くぞ、次!」

と、異常な切り替えしの早さを見せつけた。

で、村人も爆笑。


うーん。楽しければいいという、彼らの思想が前面にでているわけだなぁ。



ちなみに、ヤソートンでのロケット祭りには、日本人グループも参加する。

1997年に結成された秩父吉田ヤソトン会がそれである。

というのも、埼玉県秩父市では東北タイのロケット祭りと同様、竹製のロケットを空高く打ち上げる「龍勢祭り」が実施されているからだ。

儀礼の目的は異なるが、ロケットを打ち上げるという共通性に基づいて秩父吉田ヤソトン会は、毎年、ロケット祭りに参加するのである。



しかし、それにしても、ウィラポンといえば、つばをすぐ吐く男として著名だが、ロケット祭りに向かう途中の車中でつばを外に吐き出すシーンは笑えるわ…


応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ

2 コメント:

匿名 at: 2010年6月30日 3:08 さんのコメント...

ワールドダウンタウン、懐かしい。
物凄い面白かったもの。
ワールドダウンタウンを最近観たくなってYouTubeで観てたので、話題に出ていてビックリです。
わたしは逆に〜が頭から離れません。
すみません、タイの話じゃなくて。笑

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2010年7月1日 1:59 さんのコメント...

ワールドダウンタウン。
あれは凄い番組でしたよね。
僕も、「逆に~」のフレーズは笑いました。
あと、フィリピンのAD。下着を切り裂く舌の動きが意味不明でした。笑。
フィリピンで、毎週世界一を決める映像や、コーラの一気飲み映像などなど。とにかく、数え上げればキリがありません。
あの番組は面白かったですね~。
コメント、ありがとうございました。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.