日本ー中国の文化実習。「はいはい」を連続させる、タイ大学生の圧巻パワー。



0 コメント


先日、日本と中国の文化実習的なことが行われた。

日本語学科の生徒は中国語学科の先生に切り絵を教わる。

で、社会学科やタイ学科などの生徒は、日本語学科の先生に折り紙や習字を教わるというものだ。



当初は立場上、日本語学科が教える授業に参加していた。




しかし、どうも習字の静かなムードにすぐに飽きがくる。

ワイワイ騒がしい教え子達のいる中国語学科の教室へ、フワフワと引き寄せられた。

中国語の先生は愉快な方が多く、そして日本語学科でも一番騒々しいとされる(僕の中で)2年生が授業を受けている。

そりゃあ、なんとも楽しそうだ。



教室に入ると、もう大騒ぎ。

中国語の先生が授業終わりに言った、「生徒15人くらいなのに、なんだか50人以上に教えている気分だ」という言葉がそれを端的に示す。

(一番複雑な切り絵に挑んだがため、誰よりも時間がかかり、皆に「早くしろ」的に見られる男子学生)



「センセイ、どう?キレイにできてる? でも私の方がもちろんキレイだよね?」

「はいはい」



「センセイ。写真撮って〜。キレイに撮ってね。まぁ、私はもともとすごくキレイだけどね」

「はいはい」



「ほら、センセイ。上手でしょう。まぁ、先生にはできないんじゃな〜い?」

できるわ!と少しムキになりそうな自分がいたが、でも

「はいはい」



なんとも。生徒のパワーに圧倒されて、”はい、はい” の連続だ。

でも、彼らはなんとも元気で楽しいし、最近、少し可愛く思いはじめているのも確かだ。

お、どうやら、「人間の子供より犬の方が完全に可愛い!」と言い張る、研ぎすまされたナイフのような昔の自分(嘘)が、だいぶ変わってきたようだ。


はい、みんなでパシリ!








<関連記事>
144年前のタイでの日蝕観測。我が身を犠牲にしたモンクット王。
タイの田舎で木星を。
イサーンの村の夕食前。
ラオスの村で夕暮れ。山際と山の端。
325年前のイエズス会教会跡、ワット・サンパオロー遺跡の看板が、いかにもタイらしい。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!



0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.