イサーンの村の夕食前。



0 コメント

イサーンの村。 

田んぼには何かと危険が存在していることは、前回とりあげた牛との大格闘を見てもお分かりいただけたはずだ。

でも村のあらゆる所は、子供たちにとって格好の遊び場でもある。



夕方になると、学校から帰った子供たちがどこからともなく、僕がお世話になっている家に集まってくる。

「ね〜、田んぼに行こうよ」

誘われるがままに僕は田んぼに出る。




薄暗くなってきた道を、先行く子供たち。



ワイワイ・ガヤガヤ。そして爆笑。

なにもかもが楽しいお年頃だ。



「これで虫をとるんだよ。それで虫は売れるんだよ」




一人の子が説明してくれた。


なるほど。

光に虫が集まってきて、下に設置された水たまりに落ちるというシステムのようだ。

虫は食用だろう。以前、食卓に並んだ虫ドンブリに目を見張ったことがある。



薄暗くなってきていたので、だいぶ虫が集まり始めている。

虫が大の苦手な僕は、すぐにその場から離れるよう子供たちに促した。



「あれ?リョウタ兄ちゃん。もしかして虫が怖いの〜?キャッキャッ・・・」

子供たちが茶化し始めた。



「ほら、リョウタ兄ちゃん。あげる」

見るとなんだかわけの分からない虫を握っている。



「わー!!!」

年甲斐も無く叫んで後ずさる僕。

笑う子たち。

非常に悔しいが、苦手なものは苦手だ。



そんな感じでしばらく歩いていると、右手に村の祠が見えてきた。

ピー(精霊)が宿っていると固く信じられている村の祠。

それは大の大人も畏怖する存在。子供たちが怖がらないはずがない。

案の定、子供たちは妙に静かになり、落ち着かない様子だ。



”よし、ここはイッチョ”

そう思い、僕は突然もと来た道をダッシュしてみた。

30をとうに過ぎた中年日本人男性のイサーンでのダッシュ。

そりゃあもう、ハーハーである。



「ワー。待って〜」

僕の後についてくる子供たちは必死。

ついでに、ビーサンで走る足がもつれそうになるのをおさえるのにこっちも必死。

虫を使って中年を怖がらせたお返しを試みたにしては、こっちにとってもあまりに過酷だった。



でも強がって言ってみる。

「どうしたの〜怖いの〜?」

大人げない中年とイサーンの子たちは田んぼで大騒ぎだ。





家に戻ったら、すっかりご飯の支度が整っていた。

「どこほっつき歩いてたの!?ほら、ご飯だから、シャワー浴びといで!」

子供たちが親から小言を言われている。

夕食前の光景はどこの国も変わらない。



   人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!





0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.