虫どんぶり。



2 コメント
久しぶりのブログの更新なのに申し訳ありませんが、食事中の人、あるいは虫嫌いの人は、気分を害するかもしれません。

見ないほうがよいです。

でも、一地域の食文化なので、ご理解いただければと思います。

さて・・・・




もし日本のとある店で、こんなどんぶりを出された日にゃあ・・・僕なら卒倒する。

訴訟問題にまで発展させる、なんて人もいるかもしれない。

「うーん。ちぎれた足がなんとも言えず、香ばしそうで、美味そうだ・・・」
なんていう日本人は、まぁ、稀だろう。



でも、ここはイサーンの村。それぞれの地域にそれぞれの食文化があって当然。

日本人が刺身を美味そうに食べるのを、奇異な目で見つめるイサーンの人、みたいなもんだ。

それぞれの食文化は尊重されなくては。

(まぁ、日本だって相当虫を食べていたようで、江戸時代の史料でも見たことがあるような気がするけど・・・とはいえ、こんな風に丼にしていたかどうかは疑問)


いくら酔っ払っている僕でも、この虫どんぶりをガツガツ食べる勇気は出ず、ひとかけらを軽くかじってみたしだいである。

小エビのような味がしたのは、酔っていたからか?



応援のほど、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2 コメント:

匿名 at: 2011年3月10日 11:47 さんのコメント...

本当ご無沙汰です。匿名です。私のバンコクの定宿は貧相な朝食バイキングがついていて、卵はオムレツ、スクランブル、目玉焼き、ゆで卵と選べるんですが、私は生卵をオーダー。最初は理解してもらえなかったが、今では大丈夫。でも、食べる時周りの白人・西洋人・アジア人の強い視線(何を食っているんだこの日本人は)をいつも感じます。文化の違い、特に食べ物は、理解不能なものも多いのかもしれませんね。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2011年3月23日 10:39 さんのコメント...

生卵ですかw 確かに日本人以外にはあまり理解できないのかもしれませんね。 
イサーンの人は、生卵は食べないのに、アリの卵は普通に食べますよね。生で。
食文化の違いですねぇ。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.