325年前のイエズス会教会跡、ワット・サンパオロー遺跡の看板が、いかにもタイらしい。



0 コメント



アパートから徒歩3分圏内にある、ワット・サンパオロー遺跡。





今から325年ほど前に、カトリック教徒のポルトガル人によって、イエズス会の教会として建てられた。


ポルトガル人は、他にもアユタヤーのポルトガル人居留地内にセント・ドミニック教会、フランシスコ教会、セント・ジョセフ教会、また現在のトンブリ地区に聖クルーズ教会を建てたりして、まあ、布教活動に勤しんでいたわけだ。



だが、現在は教会の一部と、八角形の天体観測所の跡が残るのみのため、ポルトガル人の精力的な息吹は感じとりにくい。






こんな風なオブジェが、天体観測所らしさを醸し出している。




セント・パウロから名称がとられている、このサンパオロー遺跡。




その割には、遺跡名の明記が微妙に違うのが、いかにもタイらしい。






<関連記事>
ピマーイ遺跡。どことなく感じた”わび”の源泉。
「アリガトウ!」と少女。連鎖する幸せ。
ローイエット県のプラゴーナー遺跡と民衆運動のあった村
タソガレザル…アイシュウザル…朝のサルザンポ。
プレアビヒア遺跡・国境線・歴史の言説化。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.