タソガレザル…アイシュウザル…朝のサルザンポ。



0 コメント


なかなかに寝苦しき、暑きロッブリー。

朝、6時前には目が覚めるという、ある意味、健康にはうってつけの環境だ。

もう寝てられない!ということで、ふらりと市内へ散歩に出かけてみる。




さすがに遺跡の町。

線路に面して遺跡がどーんと、そして妙にサラリと建っている。




朝からテンションが上がる。

恐らく一人でニヤニヤしている日本人だったに違いない。

遺跡に釘付けになって、近づく。



しかし、どうも違和感を覚える。

よくよく見れば、周りはサルだらけである。







遺跡にも近づいてみれば、周りはサルでいっぱい。

サル山だ。





道を占拠する、サル、サル、サル。





そんなサルの群から少し離れて、朝の光を浴びながら線路の先を見つめる一匹のこれまたサル。



黄昏ザル…

哀愁ザル…

ニヒルザル…




どんなネーミングが彼にぴったりかを考えていたら、余計なお世話だ、と言わんばかりにキッとにらまれた。

猿と目を合わすと悪さをされるらしいので、すぐにその場を後にした。

なかなか気に入った、朝のサルザンポ。



<関連記事>
コレこそ、まさに・・・(タイの愛しき野良犬たち)
犬とともに、夕焼けを。
首輪がちょっと切ないけど、癒しのイヌたち。
洪水を忘れさせる睡魔。
イヌ伸びの構図が可愛い件。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.