首輪がちょっと切ないけど、癒しのイヌたち。



0 コメント



タイの大学の図書館前。

ベンチに腰をおろしコーヒーを飲んでいると、何やら気配を感じた。 


下を見れば、いつの間にやってきたのか、イヌがゴロンと寝転がっている。



頭がちょいとはみ出していて、なかなか愛嬌がある。





気づけば僕は、明らかに同じ犬種のイヌたち(むしろ兄弟?)に囲まれている。






それにしても、首輪が貧相で可哀想というか、

あるいは派手派手というか…




なんともいえない態だ。



そんな首輪をあざ笑う僕に対し、まるで抗議するかのようなイヌの瞳。




「好きでやってるんじゃねえ」



妙な首輪のイヌ達は、図書館の前にたむろして和やかなムードを演出している。



この場所のこの光景。

僕が知る限り少なくとも4年ほど、一向に変わっていない。





このエントリーをはてなブックマークに追加

<関連記事>

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.