バンコクへ出稼ぎにきている、イサーン夫婦。



0 コメント
階段を上って突き当たりの部屋に、イサーンから出稼ぎにきている夫婦は住んでいる。



歳は、40歳に手が届くか、といったところだろうか。



家賃は、月1000バーツ(3000円)ほど。

4畳半くらいの広さで、小さな窓はあるが、トイレ・シャワーはない。



部屋の中には、テレビと食器棚、たたまれた布団だけが置かれている。

その布団に寄りかかりながら、旦那さんはムエタイのテレビ放映を見つめ、時折「オーイ!」などと声援を送る。

奥さんは、水や食べ物を用意する。



僕や友人たちは、奥さんと共に、イサーン料理をカーオ・ニアオ(もち米)でつまみつつ、しばし世間話。

旦那さんも、ムエタイを見つつ、会話に加わる。

ゆったりとした時間が、薄暗い4畳半の部屋に流れる。

笑いは、絶えない。



旦那さんは車の整備士で、奥さんは洋裁の仕事に従事している。

決して稼ぎのいい仕事とはいえない。

そして、稼ぎのほとんどは、イサーンに残してきた子供たちに送金される。



教育費を捻出するために、バンコクに出稼ぎに来た2人。

彼らの生活は、裕福とはいえない。

でも彼らは、底抜けに明るく、そして人に優しい。



帰り際、奥さんが、三輪車に乗った近所の子供の背中を押して、遊んであげていた。

イサーンに住んでいた頃、我が子とあんな風に遊んでいたのかもしれない。



応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.