バンコク・ディンデーンの下町情緒・・・お粥。



1 コメント
最近、バンコクに戻ってきている。

バンコクの喧騒は相変わらずで、田舎の静けさを懐かしく思わんでもないが、それでもやはりバンコクには魅せられる。


しかも、慣れ親しんだランナム通りを離れ、そこから徒歩で15分ほどのディンデーンに、今は滞在しているので、街の雰囲気が異なっていて刺激的だ。

「たかが徒歩15分で」と思うかもしれないが、これがまた大きく違うものだ。



ランナム通りは日本人をはじめとして、多くの外国人が住む。

キングパワーという免税店もある。

そして綺麗に整備されたサンティパープ公園もある。

そのため、ある程度環境の整った町並みだ。

(まぁ、ランナムは赤シャツの騒ぎの真っ只中にあって、銃撃戦なんかがあったことは、置いておいて・・・)



しかし、ディンデーンは下町情緒丸出し。

喧騒と活気、パワーに満ち満ちているのだ。

四六時中行きかうトゥクトゥクとバイクの音は、なんともけたたましい。



夕方になると、ソイ(路地)には子供たちが遊びまわっている声がこだまする。これもまた、けたたましい。

そして、おっちゃんたちもビールやウイスキーを片手に、そんな子供たちを見ながら、ダラダラと過ごしている。これは、羨ましい。

そう。

いうならば、秋本治氏の描く、少年時代の両津勘吉が過ごした町並みを彷彿させるのだ。

というわけで、歩いていると、今にも両さんが飛び出してきそうで、なんとなくワクワクする。

僕は彼の大ファンなのである。



さて、晩飯を食うために、きったないお粥屋に足を運ぶ。


これだけの下町情緒の中で、これだけきったないお粥屋は美味いに決まっている。僕の根拠の無い思い込みだ。

店に入ると、沢山のおっさんたちが、ビールを飲んで熱っぽく語っている。



つまみが妙に美味そうだ。店はきったない。

「これは正解だな」と思いつつ、お粥と野菜の煮込みを頼む。

かなりのスピードで、料理が運ばれてきた。

そして、かなりの旨み。

下町の、汚くて安い料理屋ほど美味いはず!という僕の予想は、はずれることがなかったのである

下町パワー、圧巻。


応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

1 コメント:

ナーン at: 2013年10月7日 13:25 さんのコメント...

はじめまして。
いいですねえ~写真と言葉の感じが。
バンコクの下町ならどこがいいのかなと考えています。

ときどき来ます。
私もタイのブログやっています。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.