ラオスの長距離バス。中華系ラオス男との格闘、そしてたんこぶ。



7 コメント
ラオスの長距離バスでの、孤独な戦いについて記そう。



今回僕は、ビエンチャンからルアンパバーンへ、長距離バスを利用してみた。

バンコクからタイーラオスの国境ノンカイまではVIPを利用し、その快適さを満喫したことで味をしめた、といってしまえばそれまでかもしれない。

そんな快適な旅をどこかで期待していたのだ。



ところがどっこい、どうやら僕はラオスをなめていたようだ。



VIPとは名ばかり。外見はそれなりに立派でも、内部はお世辞にも綺麗とは言いがたい。

トイレもない。

妙な匂いも漂う。

どういった意味でのVIPなのだろうか。



で、席も半端ない狭さだ。

一番前に座していたのだが、普通に座っていてもひざがつかえてしまう。浅く座ろうものなら、ひざが痛くて悲鳴をあげ、変な方向に向かわざるを得ない。



また、それだけでも十分に過酷なのに、隣に座った小さい中華系ラオス男が妙に勝ち気。

中華系ラオス男はどうやらグループで来ていた。そのため、大勢で来ているという安心感が気を大きくさせたのだろうか。

あるいは純粋に中華性か。

はっきりとした理由は定かではないが、妙に勝ち気に足を広げる。中華系ラオス男の足は明らかに、僕のテリトリーに侵入しているのだ。

そのため、自然とこっちは足を狭めざるを得ない。



とはいえ、ルアンパバーンまでは10時間以上の旅路。そんな勝ち気な中華系ラオス男にテリトリーを侵略されっぱなしでいるわけにはいかない。下手すれば、足をつってしまう。バスの中で足をつる男、というのは滑稽に過ぎる。

そう考えた僕は足を広げ、自分のテリトリーを取り戻す作戦にでる。



バスの揺れにあわせて徐々に広げる足。

次第に強く触れ合う、モモとモモ。そして、膝と膝。相当に気持ち悪い。

早く気づけ!いや、頼む。気づいてくれ!

「しまった。ここは彼のテリトリーだった。僕はいつの間に彼のテリトリーに侵入していたようだ。これはいかん、いかん」と。



しかし、その中華系ラオス人は一切気づくそぶりをみせない。男同士のモモ、および膝のふれあいをも、なんとも思っていないようだ。

次第に、いらだってきた。



しかも、である。

中華系ラオス男は、座席前方にある台の上に、突然、荷物をドカッと置いた。台の上にもともとあったごみを僕のほうに押しのけて、だ。

その荷物は明らかに僕のテリトリー内も侵犯していた。



ビエンチャンールアンパバーンの道のりは、90%が山道で悪路。

がたがたと揺れたり、くねくねと道が曲がるたびに、その荷物が右往左往する。



僕は荷物が落ちるのではないかと、要らぬ心配をしてしまい、気が気でない。

ついつい、荷物の行方を目で追ってしまう。

人の領域を犯すような男のかばんなのだから放っておけばよいのだが、内心、「かばんの中に壊れやすいもの入っていないだろうか?」などと考えてしまう自分が情けない。

しかも、中華系ラオス男はそんな僕の気遣い知るよしも無く、お構い無しでグループの連中と中国語で話したり、眠ってみたりしている。



右往左往する荷物。その行方を追う僕。おしゃべりに興じる中華系ラオス男・・・

いやはや。一人で妙に気苦労している日本人の姿が、そこにある。



そんなわけで僕は、仕方なく足を狭め、かつなるべく荷物の事を気にしないようにしてバスの道のりを過ごした。

道はがたがたで、無理して寝ている間に何度も、何度も窓に頭をぶつけた。

縮こまっていることもあり、熟睡できない。過酷な道のり。



すっかり夜明けを迎えたルアンパバーンに到着したのは、出発して11時間以上が経過したときだった。

到着したとき、隣の中華系ラオス男は、友人に向かって言った。

「いやぁ、全然熟睡できなかった・・・」



「なっ!?」

それが、このときの僕の気持ちである。



宿に入ってすぐ、シャワーを浴びた。

頭にたんこぶがあった。何年ぶりだろう、たんこぶなんて・・・なんだか悲しくなった。



帰りは、飛行機を利用したことは想像に難くないはず、である。





応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

7 コメント:

匿名 at: 2010年8月23日 10:43 さんのコメント...

匿名です。土曜日のfatliveのコンサートのチケットの購入に右往左往。情報誌DACOの情報が好い加減だったのが始まり。セントラルワールド、セントラルチットロム、パラゴン、サイアムセンターとたらい回しにされ、ようやくセントラルラプラオでチケットゲット。5時間かかってしまいました。苦労が報われるコンサートである事を祈るのみ。ブンチュー10 、バンコク中心での上映終了。悲しい。郊外まで行くか思案中。ita@san

匿名 at: 2010年8月27日 16:47 さんのコメント...

匿名です。現在バンコク滞在中。ラオス懐かしいです。15年程前行った時は定期便のヘリコプターに乗ったのが楽しかった。今はもうないでしょうが。久しぶりにサバーンクワイのバーに行きました。タイ音楽がばんばん流れ楽しかったです。でもバンコクはなかなか無料WI-FIがなく、なんとかしてほしい。ita@san

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2010年8月28日 19:49 さんのコメント...

匿名さん。
こんにちは。
返事遅れてしまい、ごめんなさい。
サパーンクワイのバーですか。いいですねぇ。
あの辺にバーがあるんですね。今度行ってみたいものです。
そういえば、8月末にボディスラムのライブがあったと記憶していて、詳しい友人に聞いたのですが、まだちょっと不明なようです。すみません。
分かったら、コメントに書きますね。

匿名 at: 2010年8月29日 10:29 さんのコメント...

昨夜インパクトアリーナのコンサート行って来ました。出演者ふせられて楽しみだったが30組余りでたでしょうか。大物は残念ながらいなかったが、リッチマントイ、スクラブ、パラドックスなど一度見てみたかったバンド、お気に入りなど多彩なラインナップで楽しめました。ボディスラムのDVDどこでも売り切れ。海賊版に手を出しちゃいました。ita@san

さやーむ。 at: 2010年9月2日 0:52 さんのコメント...

はじめまして。
さやーむ。と申します。
ルアンパバーン、懐かしいです。ゆったりとした空気が流れているいいところです。
6年ほどバンコクに滞在していた時に、ラオスには
何度か行ったのですが、長距離バスで途中のバンビエンまで行ったことがあります。ルアンパバーンの半分ぐらいの時間だと思いますけど、結構辛かったです・・・。
友人から今はVIPバスがあるから快適と聞いていましたが、そうでもないようですね(笑)。
3年ほど前私が行った時は、エアコンなしの「タマダー」バスで窓を開けっ放しにして、舗装されていない道を激走するものだから、土埃が目には入るわ鼻に入るわで大変な思いをして移動した記憶があります。
まあ、どちらにせよ、ラオスでバスの移動はなしですね。

Wakasone Ryota(若曽根了太) at: 2010年9月2日 14:47 さんのコメント...

はじめまして。さやーむ。さん。
コメントありがとうございます。

そうですねぇ。バスでの移動。結構大変でしたね。

実は後日、ビエンチャンから、ラオス南部サワンナケートへもバスで行ったのですが、それはVIPの寝台車を利用。
寝ていけるから楽かなと思ったら、狭い二段ベッドが所狭しと並び、しかもベッドは2人で一つ。
見ず知らずのおじさんと、あんなにも密接して眠ったのは人生初でした(笑)

ところで、さやーむ。さんのブログ、非常に興味深く拝見しました。これからも、よろしくお願いします。

Wakasone Ryota(若曽根了太) at: 2010年9月2日 14:51 さんのコメント...

匿名さん。
こんにちは。
ボディスラムの海賊版ですか。確かに正規のDVDは見かけませんもんね。
ところで、今日、朝刊を見てびっくり。
どうやら、ボディスラムのトゥーン君、入院したようですねぇ。
首を痛めたとか。コンサートで首を振りすぎたみたいですね。
この先1ヶ月はコンサートを休むと書いてありました。さびしい限りです。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.