タイ式のおかゆとタフネスな教員。



2 コメント



実はここ数日、体調をくずしていた。

腹が妙にはり、そして熱があった。

”タフネスな教員”の異名を求めている僕としては、なるべく早いところ体調を整えねばならない。

ということで、ここ最近食していたのが、タイ式のおかゆだ。





タイ式のおかゆは、日本のそれと違って味がしっかりとついている。

しかも、具材もひき肉からエビ、鳥など好きなものをいれることができるのだ。

ので、日本のおかゆを好まない僕でも、こちらでは美味しくいただくことができる。

(さらに、ナンプラーと唐辛子をいれれば、一気にタイ料理満載の味付けとなるものだ)



ところで、僕のアパートの下には小さな食堂がある。

おばちゃんが1人で営業していて、味はどれもなかなか旨い。

勤務を終えてアパートに戻ると、まずは下の食堂で先に注文を済ませる。

そして、出来上がった頃に取りに行くというのは、住みはじめて1ヶ月以上。すっかり定番となった。



「おばちゃん。今日はおかゆをお願い」

「おかゆ?珍しいね。体でも悪いのかい?」

「そうなんです。どうも、熱があって…」

「それは大変だね。ゆっくり寝なさい。20分くらいでおかゆは出来上がるから、部屋に持って行くよ」

「いや、大丈夫です。取りにくるから」


なんとも優しい話である。

でも、タフネスを気にして、自分で行うことに。

20分後。食堂へ取りに行く。



ワイワイ、ワイワイ。どうも、聞き覚えのある声。

「センセーイ。こんにちは。一緒にソムタム食べる?」

やはり、いつもの2年生たちだ。



実は2年生の数人は同じアパートの住民である。

しかも、僕はロッブリーに来た当初、その娘たちの部屋に寝泊まりしていた経緯もある。(詳しくはコチラ



「いや。もう、ごはんあるからいいよ。また今度ね」

極めて元気に。そう、タフネスを装う。

「そうなの〜。まぁ、ソムタム辛いしね。センセイじゃ食べられないかもね。じゃあ、センセイまたね〜さようなら」

ふー。どうやらタフネスのイメージは保たれたようだ。



それが数日前のこと。

で、今日。

「センセイ。体調治った?熱あったんでしょ?」…

うーん。実はよく体調を崩す僕。

そんな僕が”タフネスな教員”のイメージを創りだすにおいて、タイ社会の秘密ごとが難しいオープン性はなかなかの障がいになるかもしれない。



ところで今気づいたが、下の食堂にソムタムは売っていない。





<関連記事>
30半ばの日本人、タイの女子大生の部屋でなんとも痛たまれない気持ちになる。
タイ人の七夕の願いごとはやはりタイらしい、ということ。
タイのアパートの便利な出前
もしや”呪い”じゃないか? と怯えてみる。
ロッブリーで1番旨いカオマンガイ屋かな?



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!










2 コメント:

Phimai at: 2013年7月11日 21:44 さんのコメント...

体調は復活しましたか?
生活の環境が変わると誰でも体調を崩しがちになりますよね、
タフネスで頑張ってるRyotaさんのようですが無理なさいませんように。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2013年7月12日 20:05 さんのコメント...

phimaiさん
体調、完全に復活しました。環境がかわっても、住み慣れたタイということでストレスフリーで生活していたはずなんですが、やはり、どこか気を使っていて疲れがでたんでしょうね。ご心配いただき、ありがとうございます!

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.