タイ人の七夕の願いごとはやはりタイらしい、ということ。



0 コメント



たなばた。 

一年に一度、夜空を見上げて、どことなくロマンティックな心持ちになる日。






先日、日本語学科で七夕まつりが実施された。





「さ〜さ〜の〜は〜 さ〜らさら〜…」

あぁ。なんだか久しぶりに聞く七夕の歌。

しかもタイの子達が歌っているというのが不思議だ。

七夕の歌は2番まであるが、なぜかそれを5〜6回リピートする。

まぁ、学生の歌声や雰囲気が可愛らしかったのでアリだろう。



歌が終わると皆が短冊に願い事を書き、日本とはちょいと形状の違う竹につるしていく。



ワイワイ、ワイワイ。

相変わらず、日本語学科の学生は元気。



「センセ〜イ。これであってる?」

短冊を渡される。

”人生で成功をおさめられますように…”

うーん。女子大生にしては、妙に渋い願いごとだ。



それ以外にも、

「日本語が上手になりますように」という、日本語学科らしいもの…

「ハンサムな彼氏ができますように」という、女子大生らしいもの…

「王様が健康で長生きできますように」という、タイ人らしいもの…




色々あって、微笑ましい。



1人の女の子がまるで寺でタンブン(積徳行)をするように妙に願いを強く込めて、竹に短冊を吊るしていた。

「〇〇、何書いたの?熱心だね」

生徒は照れくさそうに、短冊を見せてくれた。

”宝くじがあたりますように”



「面白いね。切実だね」

「セツジツ…」

生徒は首を傾げた。

意味を説明してあげると、その娘は何度かリピートして覚えようとしている。

なんだか、あまり実用的ではない日本語を教えてしまったような気が、しないでもない。




<関連記事>
144年前のタイでの日蝕観測。我が身を犠牲にしたモンクット王。
タイの田舎で木星を。
イサーンの村の夕食前。
ラオスの村で夕暮れ。山際と山の端。
325年前のイエズス会教会跡、ワット・サンパオロー遺跡の看板が、いかにもタイらしい。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.