Ox-Train(牛列車)。モノと情報の担い手。



0 コメント

Ox-Train。

直訳すれば牛列車。


かつて、タイの山間部や森深い地域では、この牛列車が、荷物を運ぶ上で重要な役割を果たしたとか。

農閑期、普段は農作業に従事する農民の一部が、牛に荷物を乗せて商売し、他地域へとモノを広げていったのだ。



いや、きっとモノだけではない。

村から村へと、情報を伝える役割をも果たしていたことだろう。

「○○村ではさ~」

みたいに。


牛列車はモノと情報の伝播の象徴だったのである。



そんな、牛列車。

タイの近代化が進む中で、交通網や鉄道が整備され、20世紀半ばには姿を消していったという。

牛の脚力からモーターへ、ってわけだ。


今では、村の中で牛の散歩を見かけるにとどまっている。



<参考>
Chusit Chuchart, 1989, “From peasant to rural trader:The ox-train traders of northern Thailand 1855-1955” ,Australian National University Thai-Yunnan Project Newsletter,Vol 7



応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.