タイの泣けるCM ”タイ生命保険~人生編~”



0 コメント
久しぶりに、タイの泣けるCM紹介である。

泣かせてくれるCMといえば、やはりタイ生命保険のものだろう。

”合唱編””時間編””トーイお母さん編””マイガール編””チウおじいさん編”に続き、今回は、”人生編”を紹介する。


これも相当泣ける。いや、号泣だ。





女性は医師に、予定日よりも早い時期の出産を願い出る。

旦那が病気のため、彼女と旦那、そして生まれてくる子供の、3人のための時間は残りわずかなのである。


子供を無事出産した女性は、産後2時間で赤ん坊を抱いて病室を抜け出し、旦那の下へと向かう。

すでに旦那は脳死状態に近づいていた。


それでも、父のもとに寄り添うことができた赤ん坊。

赤ん坊の手は、しっかりと父親の指を握りしめた。

そっと涙を流す父親。



ナレーションは語る。

「私たちは人生を送る中で”なぜ生まれたのか?なんのために生まれたのか?”などと多くの疑問を感じる。

すべてに答える必要は無い。

ただ一つ。”誰のために生きるか”ということだけだ」



そして、最後に父親がビデオレターで、未来の子供に語りかける。

「息子よ。お母さんの面倒をよくみろよ。いいな。お母さんをたくさん、たくさん愛せよ。お父さんも、お母さんをたくさん、たくさん愛している・・・。お父さんは、本当にお母さんを愛している・・・。いいな、お母さんの面倒をよくみろよ・・・」



いやはや、なんというCMを作るのだろうか。

生命保険というのは、あまり好きじゃないけど、タイ生命保険のCMはいつも良すぎだ。



   人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.