3年生とのサラブリー旅行



0 コメント

3年生は僕がロッブリーで働き始めたときに、入学してきた学生なので、まあ、いわばロッブリー・インという意味では同期だ。

人数が妙に少なくなってしまい、今や5人しかいない。

当初はまとまりがなく、反応も薄い、なんともやりにくい学年だった


しかし、今はみな仲良く、明るくなった。


その学年も僕がロッブリーを去るということで、送別の企画をしてくれた。

隣県、サラブリーへの旅行である。

最初は海へ行きたい!と、みな言ってたのだが、経済的に無理な学生が多く、隣県へと変更された。


朝、学校に集合し、そのままスーパーへ買い出し。



買い込みは、まさに大量。

肉3㎏、ビール1ダース、ウイスキー大瓶1本・・・など、6人で消費できるのか、いささか不安な量である。


1台の車に、積みきれないほどの食料とともに、ぎゅうぎゅうづめで6人が乗り込み、サラブリーへと向かった。

車内はワイワイ、騒がしい。

みなでの旅行はやはり楽しいものである。


2時間弱ほどで、目的地に到着。

そこは、緑に囲まれたリゾート。

なかなかいい宿である。



一軒のコテージを貸し切り、一軒ごとにプールもついていた。

さっそく、学生がプカプカと浮く。



僕もパンツとタンクトップ姿になり、一緒になって泳ぐ。

その横で、フレンチフライやら、焼肉やら・・・とありとあらゆる酒に合うものが作られ、みなで食す。



夜、暗くなってきても、プールに入り続け、みなで語り合った。



学生たちはかなり酔っ払って、夜中の3時すぎまで飲んでいたという。

まあ、僕は大人。

お酒もセーブしつつ、夜12時には寝床についた。


昔なら、一緒に浴びるように飲んでいただろうが、最近はそうもいかなくなった。

ま、40近いし、立場も違うし、学生と同じように飲んでいたらちょっとおかしいだろう。


次の日はみな、眠気まなこ。

みな、どうやらぐったりと疲れていたが、朝食後にはまたプールに入って、チェックアウトぎりぎりまで遊んだ。

とても楽しかった。


「来年、私たちの卒業が決まったら、もう一度みんなで旅行いこうね!先生、私たちを忘れないでね」

そういった学生が、本当に可愛く思えた。




<関連記事>
大学生から授業をボイコットされる???
日本ー中国の文化実習。「はいはい」を連続させる、タイ大学生の圧巻パワー。
タイ式のおかゆとタフネスな教員。
泥まみれ、踊る。壮絶な新入生受け入れ儀式、ラップノーン。
女子大生宅の、タイ式焼き肉パーティー。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!



0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.