女子大生宅の、タイ式焼き肉パーティー。



0 コメント



 「センセイ。今夜うちにみんな集まって、焼き肉パーティーをするんですけど、来ませんか?」

元気いっぱい2年生の授業の休憩中、とある生徒に誘われた。

焼き肉パーティーか…悪くない。いや、むしろなんとも美味しそうだ。

そこで、もう一人の日本人の先生も誘い、行くことにした。



勤務を終えて帰り道、バイクに3人乗りをする生徒たちとすれ違った。

「センセイ、あとで部屋に迎えに行くからね〜」

”約束の時間”という概念が極めて低いタイ人のことだ。

「あとで」と言ったって、どうせ、相当時間がかかるだろうと、とりあえずシャワーを浴びる。



ところが、どっこい。

「センセイ〜。センセイ〜」

シャワーを浴びはじめてすぐ、扉をノックする音と、生徒の声が聞こえる。

驚くほど早い。”あとで”は、3分後という意味だったのか。



無論、素っ裸な僕。さすがにその格好でドアーを開けると、”変態教師”の名を欲しいままにしてしまう。

「ちょっと待って、今、シャワー浴びてる」

とドアー越しに声をかける。

笑う生徒。

シャワーで笑われるのも意味が分からないが、まあそこはいい。

「じゃあ、センセイ。またあとで来るね〜」

そう言って、外は静かになった。



さて、ここからがタイ人の本領発揮だ。

さっきの”あとで”と違って今度の”あとで”は、1時間待っても来る気配がないものだったのだ。

外はなんだか雨も降りそうになっている。



いったいどうなっているのか。中止なら中止で構わないが、それを伝えてもらわないと外に食事を買いに行くこともできない。

かといって、誰の電話番号も知らない。

かれこれ2時間ほど経とうかというころ、ドアーがノックされた。

「センセイ。行きましょう」

「あったんだ。やっぱり…」



生徒のバイクで5分ほど走ると家に着いた。

完全な一軒家で、イサーンの調査を彷彿とさせるムード。




ゴザの上に焼き肉セットが置かれていて、食事が始まった。



「センセイ。ビール飲みますか?」

「まぁ、どっちでもいいけど、あったらそりゃあ飲むよ」

超・飲みたい!という笑顔満載で言う。屋外で焼き肉。ビールはセットみたいなもんだ。


ということでお金を渡すと、けなげにもひとっ走り行って来てくれた、それはありがたいビールを呑みながら、タイ式の焼き肉を食す。




周りに汁を浸して、野菜やら豆腐、かまぼこなんかがぶち込まれる。

真ん中の盛り上がった部分では、肉がジュージュー焼かれる。

なんとも旨い。

とくに焼き肉の後半にさしかかった時の周りの汁は、色んな味を吸い込んでいてなんとも美味なのだ。



こうして、生徒達とああでもない、こうでもないとしゃべりながら、焼き肉をつついていたら、いつの間にか生徒達も軽い酒を飲みはじめていて、なんだか上機嫌に酔っぱらっている。

いつも教室ではおとなしい子もキャッキャと歌ってる。

何か言っては、みなで爆笑している。



タダでさえ元気いっぱいのクラス

もし全員にお酒が入ったら…と考えると、なんだかゾッとした。

宴は深夜まで続いた。








<関連記事>
30半ばの日本人、タイの女子大生の部屋でなんとも痛たまれない気持ちになる。
タイ人の七夕の願いごとはやはりタイらしい、ということ。
タイのアパートの便利な出前
久しぶりのローイエット県
イサーンの小学校の牛乳。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.