イサーンの小学校の牛乳。



0 コメント
「余ったから持ってきちゃった・・・」




という量じゃないだろ。



イサーンの小学生の女の子が、学校からどっさりと持ってきた牛乳。

今、日本の給食に出てくる牛乳はビンかパックか知らないけど、ここまで持ってくる奴はそういないはずだ。

これほどの量を抱えてきた女の子は、どこか誇らしげである。



「リョウタ兄ちゃんも一本どうぞ」

僕に勲章の一本を分けてくれた。

牛乳が苦手な僕は気持ちだけもらっておいた。




なかなか可愛らしいパッケージ。

ところでなぜイサーンも学校で牛乳を飲むのだ?


タイでは給食は一般的ではない。基本、弁当かあるいは買い食いである。

でも牛乳はタダで配られるらしい。



「体にいいからだよ」

小学生の子は答えた。



ついでに同世代の連中にも聞いてみた。

「確かに牛乳だけは配られたな。

え、なぜって?

そりゃあ、お前、体にいいからだよ」


根強い健康説。

確かに、健康にいいという理由でもなければ、ソムタム(パパイヤサラダ)やラープ(ひき肉の辛口サラダ)といったイサーン料理に牛乳はなかなか合わせないだろう。まぁ、学校でそれらを食うかどうかはしらないが。





タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.