タイの泣けるCM。 ”タイ生命保険〜愛の沈黙編〜



2 コメント
 久しぶりにタイの生命保険CMを載せよう。

いつもいつも泣かされる、タイ生命保険CM。

今回は・・・・



ああ・・・やっぱだめだ。

なんたる映像の力。

しゃべることができない父の、娘にそそがれる沈黙の愛。

泣ける。



映像だけで十分に全てが伝わるし、僕の拙い言葉に訳すと映像の価値が失われてしまう気もするのだが、一応下に記しておこう。

深夜に、涙をふきつつ。


娘は言う。

「私は、もっといいお父さんが欲しい・・・」

「しゃべれないお父さんじゃなくて・・・」

「皆と同じようなお父さん・・・」

「私の言いたいことを聞いてくれて・・・」

「しゃべれるお父さん・・・私のことを分かってくれるお父さん・・・」



いじめられ、悩み、苦しむ娘。

ついには自殺という、間違った道を選ぶ。




物言えぬ父は”叫ぶ”。

俺の娘を死なせないでくれ!

お金はある!家だってある!それをすべてあげるから!

娘は死なせないでくれ!




父がずっとそそいできた沈黙なる愛。


もっと、もっといっぱい食べろよ。そうすりゃ、すくすくと大きくなるんだぞ。

しっかり勉強してこいよ〜

俺の娘はなぁ、必ず幸せになるんだぁ・・・




そして誕生日。

Happy Birthday

いっぱい幸せになるように...愛する娘へ...




父は静かに言う。

父さんはな、生まれつきしゃべれない

本当に、ごめんな・・・

父さんは、しゃべれない

ほかのみんなのお父さんのようには・・・

でもな。覚えておいて欲しいんだ

父さんはお前のことを一番に想っている・・・



瀕死の娘を前に、父は”叫ぶ”。

俺の血を使ってくれ!



父は娘の代わりに、静かに息を引き取った。

娘はそっと父親の手に触れた。



ナレーションは言う。

きっと一番の父親なんていやしない。

でも、父親はあなたを一番に想ってる。


見守る...あなたを想う...





やっぱりだめだ。

タイの生命保険CMにはいつも泣かされてしまう。

音楽も映像も、大いなる感動を与えてくれる。


それに実際、屋台や町工場なんかの低賃金労働に従事して子供に仕送りしている親、バンコクには沢山いて、よくその姿を見るもんだもんな。

なんか、そういう日常的光景ともダブってよけいに泣けてくるわけである。



とはいえ。

いくら感動させられるといえども、深夜に1人泣きながらブログをしたためる30過ぎの男の様はどうだろうかと、若干思わなくもない。




タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!


2 コメント:

Phimai at: 2011年9月30日 22:46 さんのコメント...

Chromeからやっと投稿できました。
たった3分なのにいい映画を1本見たような感動です。
(お父さんがケーキを前に紙を見ながら手話をするとこ
なんてもうウルウルです。)
過去ブログのCMも見ましたがどれも感動ものですよね。
このCMを見ていてなぜかタイに旅行した時に汽車で
出会った20代前半であろう赤ちゃんをつれたご夫婦を
思い出しました。とても大きな荷物を持っていてバンコク
で働くと言っていました。
よく見るとご主人も奥さんも痩せていて服も薄汚れて
いました。食べていくだけで精一杯の生活というのは
すぐにわかりました。でも目はキラキラしていてとても
幸せそうだったので思わずデジカメのシャッターを
切らせてもらいました。名前も聞かなかったけれど
元気で生活してるといいな・・。
”夜中ボロボロ泣きながらパソコンに向かう男”
たまにはいいんじゃないですか?(笑)

Ryota Wakasone
(若曽根了太)
at: 2011年10月3日 11:50 さんのコメント...

お父さんのケーキを前にしての手話。確かに泣けますね。
幼少の頃にお父さんと手をつないで歩いているところなんかも、泣けてきます。
どうしてタイ生命保険のCMはいつも感動的なんでしょうかね。

ところで、Phimaiさんの電車でのお話。いいですねぇ。田舎からバンコクへ出稼ぎに来る人々は、どこか悲しい雰囲気がありながらも、でも力強く、そして優しい。いつもそんな人々から逆に元気をもらっている気がします。

Phimaiさんがタイで撮られた写真、いつか見てみたいものですねぇ。

コメント、ありがとうございます!

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.