いつの日にか、また。



0 コメント


友人2人が、タイに遊びに来た。

しかも、遠い地、ロッブリーにも来てくれた。

まぁ、実は、以前にも来たことがあるので、2度目。

とても、ありがたい話だ。


ロッブリーではお酒を飲んだり、遺跡を見たりした。



そこから電車でアユタヤやら、バンコクやらへ行って。

とにかく、一週間、楽しんだ。

何についてかは不明だが、終始、笑っていた。



ロッブリーやアユタヤで、3人が揃うことは、最初で最後感がある。



乾杯でしめて、1人は先に帰っていった。


その後も、遊びは続いた。

明らかに「ゲイカップルの休日だな」と他者から思われそうな、素晴らしいホテルに2人で宿泊したり、





夜景のすごいバーで、ワインをかたむけてみたりした。



彼とは30年以上の仲の、幼馴染。



最初は屋上のきわの絶景部に座ったのだが、あまりに夜景がすごすぎて、というか近すぎて、怖さのあまり、内腿のあたりがムズムズ。

二人揃って、気持ちが悪くなってきて、席を移動した。

高さに弱い二人である。


そうこうしてたら、彼も帰国。

空港でラオウのごとく手を上げて、去っていった。



あっという間の一週間。

本当に素晴らしい時間だった。


いつの日にか、また。





<関連記事>
イサーンの朝食、並んだ昆虫。
虫どんぶり。
バンコク・ディンデーンの下町情緒・・・お粥。
パーク・クローン・タラート(河口市場)と、花の卸売り
バンコクへ出稼ぎにきている、イサーン夫婦。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.