タイで、全くの別世界を味わった。



2 コメント


「なんじゃこりゃ〜」


僕は、ついつい、日本語で言ってしまった。


パトゥムターニー県での講演を終えて、タイのゲーテ先生のバンコクのご自宅にて一泊させてもらったときのことである。

先生はロッブリーだけでなく、バンコクにも家がある。

しかも、あまりに尋常じゃない大きさ。

ついつい、「なんじゃこりゃ〜」と声がでてしまった。



バンコクの高級住宅地の中にたつ、最高級コンドミニアム。

そこの最上階すべての敷地が先生のご自宅。

部屋数なんと20以上。

もちろん全ての部屋には、トイレ・シャワー完備。

素敵なテラスが何個もあり、そこからバンコクの夜景を眺めることができる。


元々は王室が使っていたもので、それを先生が買い取ったのだという。

ニウェートさんによると総額数十億は…

いや、はや。






「ここは王室の誰々が使用していた部屋…

ここはその周りの者達が仕事をする部屋…

ここは使用人が宿泊する部屋…ここは…」


次から次へと出現する扉。

ニウェートさんに案内される。

ということで、僕はせっかくの機会なので、王家が使用していたシャワーをあびる。



気分はすっかり王家の一員。

鼻歌もどこか高貴な雰囲気を漂わした。


リビングでは、先生とゆったりビールを呑む。

「先生、この家には、月にどれくらい、いらっしゃるんですか?」

「そうだな。3日くらいかな。1週間以上はいられないな。ロッブリーも同じだよ」

それ以外は、他県か他国へ、仕事に行っているのだ。

「でも、ロッブリーが一番落ち着くな」

そう先生はおっしゃていた。

僕からすれば、バンコクのこの家は十分に落ち着く気がする。


テレビに国王が写し出された。

「そういえば先生は、王様とお会いになったことがあるんですよね」

「ああ。あるよ。やはり人徳のあるお方だよ」

「へえ」

「まあ、俺も先祖は王室の親戚筋なんだけどね」

なるほど。

この生活の別次元さや人柄のおおらかさは、そういうことに起因しているのか、と思いつつビールをかたむけた。

先生は気さくな方で、とある県の超有名な公園の地主さん(先生でもある)も交えて、笑いの絶えない一晩を過ごした。



次の日のバンコクの朝は、なんとも清々しかった。





<関連記事>
一周忌、いつもと同じ帰り道。
タイはロッブリーの、ゲーテ。
歴史語りの芸能民、気分。ナーラーイ祭り解説。
イサーンの村の小さな先生。
研究発表でみせた中国人の激昂っぷり。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング





2 コメント:

Phimai at: 2014年6月24日 21:38 さんのコメント...

ほんと、「なんじゃこりゃー!」ですね。
しかも月に3日しかいないなんて・・1部屋間借りしたいです(笑)。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2014年6月30日 0:59 さんのコメント...

まったくもって、同意見です!最高ですよ〜。

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.