一周忌、いつもと同じ帰り道。



0 コメント


「オイース。先生。元気?」

「誰だ?若曽根?・・・知らんなぁ。そんな奴いたか・・・ハッハッハ」

「いや、もういいから。それは。」

「ハッハッハ。まぁしかし、どうだ?タイの方は・・・・」



高校の恩師に電話をすると、決まってこんな感じのやり取りから会話が始まった。

酔っぱらったときのノリで電話をかけちゃうこともあったが、そんな僕にもつきあって話を聞いてくれた。



よく家にも遊びに行ったもんだ。


先生は非常に読書家だった。

もともと英語教師のくせに、民俗学や歴史学なんかも詳しく、多方面にわたって興味関心を持っている人だった。



二階にある本の重みがやばいといつも言ってた。


「じゃあ、つぶれる前にいらない本ちょうだいよ」

いつも僕は言った。


「お前にだけはやるもんか。やらんぞ。ガッハッハ・・・」

って、なぜか爆笑していたもんだ。



しかもその二階すら見せてくれなかった。

いい本は自分で探し出せって。



いつもふざけた態をとりながらも、実は鋭い先生。


そんな先生の一周忌が昨日だったようだ。

飲み会でべろべろに酔っぱらっての帰り道、先生の一周忌であることを友人のFB情報で知った。



とぼとぼ歩きながら、先生と久々に会いたくなる。



「あぁ、先生に電話してえなぁ」


口から自然とこぼれ落ちた帰り道。


電話したら、またいつものように明るい先生が出るような気がしてならない。





   人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング


ポチリとクリックお願いします!



0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.