ラオス人おばちゃんの、タイ政府観・イサーン観。



0 コメント
いろいろとあったがようやく、「ようこそワットプーへ」的な場所に到着した。


パクセーの街からバイクで1時間20分、というところだろうか。




無事に着いた安心感から、とりあえず、ワットプーの前にあった食堂へ入る。


妙にガラーンとしていて不安だったが、これがなかなか美味だった。



「韓国からかい?」

店のおばちゃんが話しかけてきた。



「いや、日本です。どうしてですか?ワットプーには、韓国人が多く来るの?」

「いや、そういうわけじゃないけどね。やはり日本人のほうが多いよ。まぁ、ほとんどが西洋人だけどね。ただ、あなたの顔が韓国人っぽかったから」

そういえば昔、韓国で、韓国人にインタビューされたことを思い出した。



それからおばちゃんは、フラリとあらわれた若い子に肩をもまれながら、いろいろと話をしてくれた。




ワットプー遺跡のこと、この辺で行われる祭りのこと、ラオスという国のこと・・・

印象深かったのは、タイについての話だ。



「タイに行ったことあります?」

「あるよ。2回くらいかな。イサーンへ」


「タイはやっぱり好き?」

「タイは・・・そうだね、ちょっと怖いね」


それは、僕にとって思いもよらない答えだった。

「怖い?」

「そうだね。なんか怖いね。カンボジアのほうが親近感がわくよ」

うーん。意外な答えだ。


「でも、イサーン(タイ東北部)は同じラオの人々ですよね?」

「そうだね。イサーンはピーノーングカン(兄弟)だよ。彼らは信用できる。でも、タイ国はあまり信用できないよ」



どうやら、イサーンとタイ中央政府は別扱いのようだ。

もちろん、イサーンはタイの中にある一地方であり、タイ国。

でも、彼らの中では「国」と、歴史的に密接に関わる兄弟的存在としての「地域」とは、別物なのだ。



島国で育ってきた僕ら日本人には、国というものの一体性が、当然の前提になっている。

あまり、国内の「民族」の差みたいなものも意識することがない。

だから、もともと同じ民族であった(と考える)人々が、近代が生み出した「国」という範囲に、分断されることの想像力に欠けている。

そこで僕は、イサーンがタイの国家の一部となっている以上、そこの人々と出自を共にするラオスの人々も、タイのことがなんだか好きなんじゃないか、と勝手に思い込んでいたわけだ。



想像力の欠如。

それによって歪む勝手な思い込みは恐ろしいもんだなぁ、なんて思いながら、幸せそうに肩をもまれるおばちゃんの話に耳を傾けた。

ラオスの時間の流れは、あまりに緩やかだ。


応援のほど、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.