タイで初めて犬に噛まれ、笑われ注射。



2 コメント


「どうしたの?」

およそ看護婦とは思えないほど私服感満載のおばちゃんは言った。

ロッブリーの街の小さなクリニックである。


「いや、あのぉ。犬にかまれました」

「犬に。ははは。じゃあ、そこに座って…

おーい、犬に噛まれた患者が来たよ!」

おばちゃんはそう言って、笑った。


噛まれたのは今朝のことである。

最近妙に早く目覚める僕は、今日も4時起き。

6時半くらいまでに用事を済ませると、肩こりが気になって、マラソンに行くことにした。


アパートの前で、Mr.Childrenをスイッチオン。

「言ってしまえば僕らなんか〜」

軽快に走り出す。


で、走り出し3分。

野良犬3〜4頭に追われる。

僕のあとに従う犬たち。ワンワンと吠えている。

とはいえ、まあ、犬が追ってくることは、タイの田舎ではよくあること。

放っておけばどうってことない。


しかし、僕はマラソン男。

犬たちからすれば、まるで犬から一目散に逃げる男である。

ということで、がぶりっ。

半ズボンで露になってた僕の左足はもろに噛まれた。

で、犬はがぶりっの後、逃げて行った。


「痛つつ…」と急いで傷を確認すると、わずかだが血が出ている。

頭によぎる狂犬病の文字。

無論、走る気力は喪失。

音楽も聞こえない。軽快な気持ちもゼロだ。

家へと戻り、消毒する。

で、職場に行ってタイムカードだけすませると、その足で病院へと向ったのである。



「いつ噛まれたの?」

「あの、今朝、7時くらいです」

「さっきなの。笑 この病院来たことある?」

「ええ。以前」

「じゃあ、名前を書いて…

あれ?あなた日本人なの?」

「ええ」

「ははは。日本人が犬に噛まれたんだ」

何がおかしいのかしらないが、笑われる。

そして、まわりの関係者もぞろぞろと僕のまわりに集まってくる。


「なんで噛まれたの?」

「いや、マラソンをしてたら、逃げてると思われたみたいで」

「ははは。それは大変ね。鶏肉とでも思ったのかしら…」

みな、僕を囲んで、笑ってる。

僕の犬噛まれが、人々に笑いと幸せを提供しているのだ。


「じゃあ、狂犬病対策の注射をしましょうね。今日は2本、筋肉にうつから。明日とか明後日、筋肉痛みたいな症状になると思うよ」

「はあ…」

「で、そのあとは全部で4回…」

事細かく説明を受ける。


「日本人だ。タイ語しゃべってるよ…」

「先生だって…」

「犬に噛まれたらしいよ…ははは」

説明を受けている間、聞こえてくる他の患者さんの声。

数分で10人以上に知られた。


ロッブリーは小さい街だ。

もしかしたら、明日にはかなりのタイ人が、「犬噛まれの日本人」のことを知っているかもしれない。




ところで、噛んだのはこの犬ではないことだけ、付言しておきたい。





<関連記事>
歴史語りの芸能民、気分。ナーラーイ祭り解説。
ロッブリー・ナーラーイ王祭り。華やかな衣装が街を彩る。もうすぐ僕の解説であり…
タイ王家による歴史的な洪水対応(ライ・ナーム)
タイはロッブリーの、ゲーテ。
200年前のソンクラーン(タイ正月、水掛祭り)と今。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング





2 コメント:

Phimai at: 2014年3月6日 21:41 さんのコメント...

Ryotaさん大丈夫ですかー?日本人としては狂犬病心配してしまうんですが・・・。
タイの人達は”噛まれた日本人”の方が珍しいんですね(笑)。
ワンコかわいいから好きだけど私もタイでめちゃ吼えられたことがあるのでちょっと恐いです。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2014年3月6日 23:27 さんのコメント...

大丈夫ですよ〜!まあ、もちろん狂犬病対策の注射は
必要ですが。これからあと、4回も打ちに行かなくてはなりません…
犬好きの僕としては、噛まれたことに驚きです。phimaiさんも、タイでは気をつけてください。走っちゃダメです。笑

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.