鉄道を使ってチェンマイに送られてきた荷物



0 コメント


ロッブリーの友・ニウェート先生

チェンマイに来てからは、なかなか会う機会がなくなった。

しかし、今も時々連絡がくる。


「リョウタ宛に荷物を送った。俺が自分で植えたんだぞ」

そう書かれたメールに添付された写真をみる。



ロッブリーのニウェートから、チェンマイのリョウタ・ワカソナ。

おしくも、「ナ」。

まあ、そこはいいとして、なんともワイルドな宛名。

チェンマイのリョウタという宛名だけで、到底僕のところにつくことはないだろう。



実は、このように住所の記載がないのは、ニウェートさんがロッブリーの駅からチェンマイの駅にむけて荷物を送ったからだ。

人を運ぶ電車に、貨物も乗せて送る。タイの鉄道はこんな風にも利用できるのである。





かつて僕も、ロッブリーからチェンマイへの引越しには、この鉄道による輸送を大いに利用した。

本だの、自転車だの・・・

かなりの重さがあったはずだが、安く上げられた。(いくらくらいだったかは忘れた)


電車の恩恵。

ラーマ五世の近代国家建設にむけた鉄道導入。

政治的・経済的統合の手段として重要な役割を果たしたとされている。

だが、それだけではなく、こうして人と人とをつないでいる。



ロッブリーからの荷物は、少し雑然としたチェンマイ駅の荷物置き場に、きちんと保管されていた。




荷物の受け取りを済ませる。





バイクで持って帰らなくてはならない。




宅急便とは違って不便なところではあるが、それもまた楽しいもんである。



ダンボールをあけると、バナナやマンゴーがつめられていた。




本人曰くもぎたてのフルーツは、やはりうまい。



さて、こちらから、ロッブリーに何を送るべきか。

今、思案中である。






<関連記事>
バンコクからチェンマイへ荷物を送る困難性。
ビジネスクラス
白黒ムードで格好つけても、やっぱり色彩、呑み、騒ぎ。
タイ人達の歌う夜。
日本人撮影の100年前(?)のバンコク映像



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.