ずっと心に…



4 コメント


ロッブリーの学生のことである。

彼は、このブログにもよく登場していた。

今年、4年生になったばかりの男だ。


彼が3年生のときは、郷土研究という授業を通じて、いろいろなところに行った。

酒もよく飲んだ。

ソンクラーンの時、びちょびちょになりながら、チェンマイに行く可能性があることを初めて打ち明けた学生も、彼だった。

「そりゃあ寂しいけど…でも俺は、だれがなんと言おうと、先生の思った通りしたほうがいいと思います」

そう、言ってくれた。


5月のロッブリー勤務最終日、2年生たちと食事にいった後も、夜中に

「先生、飲みに行こう」

と誘ってきてくれた。


7月にはサラブリーに旅行に行った。

みんなでプールにつかって遊んでいて、夜、ふと2人っきりになったとき

「先生は3年間俺のことみてきて、俺はどんな仕事が向いていると思います?」

と聞いてきた。

彼にとってためになる答えだったかどうかは知らないが、僕なりの考えを言った。

彼は、真面目に聞いてくれた。


「まあ、いずれにしても、若いし、楽しみだな。いろいろやれるよ」

僕は最後にそう言うと、彼は大きく頷いて、くいっと酒を飲んだ。


まさか、それが彼との最後の酒になるなんて思いもしなかった。


先週、ふと彼を思い出してメッセージを送った。

すぐに返信をしてきて、柄にもなく可愛らしい絵文字を使いつつ、「嬉しい」と彼は書いてきた。

そして、日本語がだいぶうまくなってきたこと、交流会で来た日本の大学の女の子たちがかわいかったこと、僕のチェンマイでの仕事のことを聞いてきた。

「かわいいのはいいけど、手出すんじゃねえぞ。笑」

僕がそう返信すると、

「オゲ」

と返してきた。

男同士の、他愛もない会話だった。


それから数日後の突然の訃報。

1人家で、バイクを修理していて、漏電したらしい。


日曜日の深夜に訃報を聞いてから、数日。

今もまだ信じられない。

悪い夢のよう。


明日、ロッブリーへあいつに会いにいく。

実は嘘なんです、とかなってほしい。



朝、大学にいくのに、自転車がパンクして歩いていると、なぜかいつもドンピシャのタイミングで彼が現れ、バイクに乗せてくれたこと。

大学からの帰り道、彼がバイトをしていたコーヒー屋の前を通ると、2メートル近い体にエプロンをして、僕に向かって大きく手をふっていたこと。

・・・思い出すことが多すぎる。

どうしても涙がでる。


ロッブリー勤務最後の日の酒の席、彼は金を財布からとり出した。

「いつも先生に出してもらってるから、先生が最後の日くらいは俺がおごろうと思っていたんです」

「学生からおごってもらう先生なんていねえだろ。大学を無事に卒業して働いてからおごれよ」

そう言った僕に、彼は「はい」と答えた。

でも、あいつにおごってもらう機会はもうない。





<関連記事>
学生とのソンクラーン
いい教え子に恵まれたもんだ
3年生とのサラブリー旅行


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.