教え子



2 コメント


こちらロッブリーにきて、もう2年半以上が過ぎた。

僕が初めて、このロッブリーの教壇に立った時の学生も、ついに会社への実習に行ってしまった。

彼らの講義を受けもつことが多く、また飯やら酒やら、祭りやら、と様々に遊んだ仲なので、なんだか寂しい。


実習を間近にひかえていた頃、彼らをバンコクの図書館へ連れて行った。

目的は卒業小論文の資料調査。


「電車でバンコクに行きたい」という彼らの要望に答えて、向かう。


ロッブリーの駅に集合した彼らは、相変わらずうるさい。

バンコク行きの電車では出発前から、一人の学生が間に合うか否かで大騒ぎ。


バスもワイワイとうるさい。


お目当の本がタマサートがなかったために、急遽、国際交流基金へと向かうトゥクトゥクも同様である。



しかし夕方になって、さすがに疲れた女子たちは、帰りはバンで帰った。

男たちだけ、電車だ。

窓を全開にして、ガタンガタンと大きな音をたてる薄暗い電車の中で、他愛もない話をする。



電車がロッブリーに着いた時にはすっかり夜も更けていた。


ロッブリー駅周辺には、屋台が並ぶ。

そこで、1人の学生と一杯飲んで帰ることに。

自分はこれまで、いつも目上の先生にご馳走になってきた。

それが、逆の立場として振舞わなければならない。

これまでの先生方の所作を思い起こす。

しかし、なかなか、先生方のようにはいかない気がする。


そんなことを思いつつも、気分良くなってきた時、学生が言った。

「先生。僕はあまり勉強を真面目にしてこなかったです。たぶん、もっと真面目にやれば、もっと上手になったけど…。そのことはごめんなさい。

でも、先生とたくさん勉強できたこと、すごくよかったと思っています。本当にたくさん教えてもらいました。ありがとう、先生」


彼はクラスでも1、2位を争う日本語能力。

特に日本語でのプレゼンをさせれば、一番うまかった。

そんな彼がこう言った。

先生と言われることは、今でもむず痒いんだけど、それでも少し泣きそうになる。


彼らが実習から帰ってきたら、卒業論文を指導して、提出をさせて。

そうして、彼らは卒業していく。

最後の挨拶、泣かないでうまく言える自信は、あまりない。







<関連記事>
大学生から授業をボイコットされる???
日本ー中国の文化実習。「はいはい」を連続させる、タイ大学生の圧巻パワー。
タイ式のおかゆとタフネスな教員。
泥まみれ、踊る。壮絶な新入生受け入れ儀式、ラップノーン。
女子大生宅の、タイ式焼き肉パーティー。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


2 コメント:

Phimai at: 2016年1月20日 23:57 さんのコメント...

もうすぐ社会人となる生徒さんからこんな嬉しい言葉、教師冥利に尽きますね~。
生徒さん達にとってRyotaさんはきっと一生忘れない先生の一人になってますよ、良かったですね。
号泣しながら最後の挨拶になっても、Ryotaさんらしいって生徒さんは思ってくれるのじゃないですか?

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2016年1月21日 2:19 さんのコメント...

Phimaiさん。
いや。もし号泣したら、きっと笑われますよ。
だから、泣かないように必死にこらえることでしょう。
あまり、自信ないですけど。笑

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.