シリントーン王女と「ゲーテ先生」



2 コメント



本日4月2日、タイ国王の次女シリントーン王女が60歳を迎えられた。

気さくなお人柄で国民から愛される王女は、歴史や文化にも興味をもち、様々な所へ視察に行かれる。

 僕も、何度かそのお姿を見たことがあるほど、各地へご訪問されているのだ。

タイの人びとからの人気は高い。


そんな王女が還暦を迎えられるとあって、今日は紫の服を着用した人が多い。

というのも、タイは生まれた曜日によって、自身のカラーが決まる。

たとえば僕は水曜日ということで、カラーは緑となる。

で、王女はというと、土曜日のお生まれということで、紫なのである。


大学の職員も紫づくしだし、僕もご多分にもれず紫のYシャツをきている。

しかし、これがどうもサイズがでかい。

「先生、二日前より太った?」

学生に言われてしまった。

さすがに二日では、太りはしないはずだ。


ま、それはさておき、昨日、ゲーテ先生の家にてお食事をご馳走になっていた時である。

今日の王女の誕生日の話になったとき、先生は、古い写真を引っ張り出してきた。



見ると、今よりだいぶスマートな若き日の先生と、シリントーン王女のお姿である。

しかも、お二人の写真は、ロッブリーの遺跡だけでなく、ゲーテ先生のご自宅で撮影されたものもある。


「あれ?王女は先生のお宅にきたことがあるのですか?」

「そうだね。もう20年以上前な。気さくないい方だよ」

「へえ。あっ、先生、明日バンコクで用事があるって、まさか王女の誕生日パーティーとか…」

「ははは、ちがう、ちがうよ…」


そんな話をしながら、王女も来たという由緒ある家で、美空ひばりを聞きながら呑んだ。

かつて僕は、「日本の歌姫」として美空ひばりを先生に紹介したことがあった。

先生は「神の歌声だ」と絶賛して気に入り、それからというもの、よくこうして美空を聞きながら、酒を呑むのである。

ロッブリーに居ながらにして、日本の年末のムードが漂う。





<関連記事>
 ・一周忌、いつもと同じ帰り道。
タイはロッブリーの、ゲーテ。
歴史語りの芸能民、気分。ナーラーイ祭り解説。
タイで、全くの別世界を味わった。
研究発表でみせた中国人の激昂っぷり。


人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.