タイ人のナンバープレートにかける金額が、ものすごい。



0 コメント


免許の更新のために、ロッブリーの陸運局へ。



必要書類は、パスポートとワークパミット、それらのコピー、古い免許、医者の診断書、手数料600バーツほどである。

医者の診断書がなかったので、かかりつけのクリニックに行ったりして(「リョウタ、また犬に噛まれたか?」と笑われた。くわしくはコチラで)時間がかかった。


しかし、免許更新の手続き自体は、10分もかからず、あっという間。

なぜかピンぼけした更新免許が、渡された。


いずれにせよ、これで5年間有効というのは、嬉しい話である。

5年後の誕生日。41歳…


突然スコールが降り出した。

しかたなく、雨がやむのをボーと待つ。

ん?



坊さんが、車のナンバープレートに向って拝んでいる。

よく見ると、ナンバープレートの競りについての説明であった。


「1111」「2222」などの4桁全揃いは、競り開始金額が5万バーツ。2000バーツ以上の入札が可能らしい。




タイで人気があるのは、無論9。

ということで、前回の競りの結果を見る。

驚愕した。




「9999」落札者○○○○…210万バーツ。

日本円にして600万円以上。

タイ人の縁起に対する金の使い方は半端ない。


これが普通なのか?と思い、タイ人に聞いてみる。

「ロッブリーで、唯一ポルシェを買った人がいるってこの前噂になってたから、その人かもな?名字はなんだった?え?○○?知らないな〜。でもまあ、金持ちは、金に糸目をつけないから」

糸目をつけないというか、なんというか。

ナンバープレートに600万かけるとは。


そして、ポルシェのニュースが噂になるということで、ロッブリーの社会の狭さも感じる。


社会は狭い…

うん? とすると、もしかしたら、またクリニックで笑われているのかもしれない。

「リョウタ、また来たんだよ。今回は犬じゃなかったけど。ハッハッハ」

金持ちの噂とは、ぜんぜん違う。

なんだか、がっかりだ。


ちなみに、9月30日のkhao sod に2500万バーツのナンバープレートの記事が出ていた。

いやはや。






<関連記事>
タイで初めて犬に噛まれ、笑われ注射。
タイの地方で受けた検問の理由とは。
意味不明な警察署の写真。
タイ刑務所、酒入りスープの取調べ。
最悪な事態。バンコクのアパートにて。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.