タイでクーデター。ロッブリー生活2年目スタート、拍子抜ける。



4 コメント


5月22日16時半。

仕事を終えたあと、地元の高校生&大学生の姉妹に日本語を教え始めた時、クーデターが発生した。

タイでクーデターを経験するのはこれで、2度目。

別に驚きもしなかった。

妙にヘリが、ロッブリーの上空を飛んでいる、というくらいの印象である。


ところで、22日。

実はロッブリーに来て、丸一年が経った。

(新居からの眺め)

早いもんである。


来た当初は、右も左も分からず…と言いたいところだが、一年間のブログや写真を見返すと、なんとも緊張感のない自分の姿がうかびあがる。

大学に挨拶に行ったその日の夜には、大学から離れた村へニウェート先生と行って、泥酔して帰っている。

しかもその帰宅先は、女子大生2人の部屋だった。

当初まだ会ったこともなかったその女子大生たちは、1年間、僕に色々ないたずらをしつつ、これから新3年生になろうとしている。


1年間、色々あった。

多くを学んだ。

楽しかった。


そして、もうすぐ、新しい学期が始まる。

その準備のため、バシッと仕事!

そう思っていたところに、このクーデター。

お上の指示で、急遽、今日から3連休。

なんだか拍子抜けだ。

(新居近くの、ロッブリーで一番ウマいスッキーを出す店)


とはいえ、よし! 来週からはビシッと仕事だ!



まてよ?

そういえば、来週は学部の先生たち50人以上がそろって、チャーン島へ旅行。

全然、緊張感ない。


要するに、今もロッブリーは安全なので、ご心配なくということです。


(ロッブリーで一番ウマいはずのスッキー)




<関連記事>
30半ばの日本人、タイの女子大生の部屋でなんとも痛たまれない気持ちになる。
高い志をもつタイ人文化研究者との、ロッブリー初日の夜。
ロッブリー。アパート徒歩3分圏内。
タイ・ロッブリーのプール。日々、分刻みで行動す。
タイの反政府デモとは無関係なロッブリーの穏やかさと、僕の父母。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング


タイでの誕生日。タンブン & パーティー。



2 コメント


ど う も!


珍しく、ハイテンションで書き出してみた。

実は、先週誕生日を迎えたのだ。



「リョウタさん。明日、誕生日でしょ。一緒にお寺に行きましょうね」

誕生日の前日、上司の先生に誘っていただいた。

タイでは、誕生日、お寺に行ってタンブン(積徳行)をするのが一般的なのだ。


僕は日本でも、誕生日になると護国寺へお参りに行くのが常な男。

無論、先生のお誘いを、快諾する。

「あそこのお寺がいい、いやあっちの方がいい」などと、学科内で話し合う。


そして、当日。

「さ、リョウタさん。行きましょう。学校の仏像に」

「あれ? 昨日言ってたお寺じゃないんですね」

「そうね。私たち女性は、お坊さんに触れることができないから、タンブンの方法にも疎いし…それに、学校の仏像なら近いし。気持ちがこもっていればどこもご利益があるでしょう」

「そうですね。お寺まで行くには、暑いですしね」

昨日の話し合いは何処へ、最終的には校内の仏像へと向った。




最近の暑さは、尋常じゃない。

校内というのはちょうどいい距離感だろう。

なにせ、歩いて2〜3分ってところだろうか。


セミの鳴くなか、学科の先生達とタンブンをする。

我々はワイワイと騒がしく向ったが、さすがにタンブンをするときは真面目だ。(当たり前か)



「いや〜、リョウタさん。これで1年間、健康で楽しくできるね」

「そうですね。タンブンすると、やっぱり気持ちいいですね」

なんとも、お気楽でのどかな会話。


そして、タンブンを終えてからは、学部の先生たち10人ほど集まって、鍋パーティー。

ケーキまで用意していただいていて、なんとも恐縮。

タイらしい、生クリームたっぷりのケーキに「35」のロウソク。



少し照れくさかったが、異国での誕生日祝い。

嬉しいかぎりだった。

ありがとうございました!





<関連記事>
友達の誕生日パーティとギャンブル
イサーンの友人と僕の、育ってきた環境の違い。
タイ王家による歴史的な洪水対応(ライ・ナーム)
タイはロッブリーの、ゲーテ。
200年前のソンクラーン(タイ正月、水掛祭り)と今。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング




タイ学生4年生の卒論指導と、涙のこと。



2 コメント


あれよ、あれよと、もう5月。

僕のロッブリーでの教員生活も、もうすぐ1年経つわけだ。


というわけで、この前、初めて、4年生の学生を卒業で送り出した。

4年生の授業をしたことはなかったが、しかし3人の小論文の指導を受け持った。


「ワケの分からないタイ人がネットで書いた文章のコピーは認めない」

「勿論、日本人の書いたものをそのままコピーしても、認めない」

「自分の言いたいことをはっきりと、データを並べ順序立てて書かなきゃ、意味がない」

「言いたいテーマにそった研究史を調べてきなさい」

・・・・


とにかく、僕は生徒への注文が多かった。

卒業論文は学生生活最後の総まとめ。

妥協はしてほしくなかった。

そして、結論としては、タイの地方の大学の日本語学科の学生としては珍しいであろう。

全員が江戸時代の史料を使った、なんとも面白い小論文を完成させた。


1人目。

この子は、当初から日本人のお辞儀や礼儀に興味をもっていた。

「お辞儀について書きます」

「うん。でも、お辞儀について、というけど、それはなぜ?」

・・・


とにかく僕は、なぜ、なぜを追求。

そして、学生から出た疑問の最終形は、「なぜ、日本人は、頻繁にお辞儀をするのだろう?」


日本人以外からみれば、そう思われるらしい。

そういえば、昔、本で読んだ、江戸期における西洋人の日本人観にも、そんなことが書いてあったことを思い出した。


すぐに、この生徒とともに、西洋人の史料にあたる。

僕は次から次へと史料をわたし、生徒はへろへろ。


でも、そこで分かったのは江戸時代のお辞儀は、今とは様子が違うということ。

で、明治の小学校教育を確認したところ、今に至るお辞儀の方法が確立されたことがわかったのだ。

つまり、今日本で見られるお辞儀の形式は近代国家形成時に「創られた伝統」。

その指摘をタイ人がしたことは、大きな意義があるだろう。


2人目。

この子は、民俗学に興味がある子。

「日本人の結婚式に興味があります。特に信仰です」

「そう言われても、結婚式の民俗はテーマが広いね。もう少ししぼれないかな…」


そして出た疑問は、

「どうして、日本人は結婚式のときに白無垢を着るんだろう?で、どうして色直しするんだろう?」


室町時代から着物の歴史を振り返る。

また、色や形にもこだわる。

江戸時代の着物の絵にもあたる。


この子もまた、へろへろ。

うーん、うーん悩む毎日。

「タイの人は出家するよね。頭を丸めたあと、すぐに黄色い服を着て、お坊さんになるわけじゃないよね?まずは白い服を着ない?で、儀礼を一通り済ませたあとに、黄色い服に着替えて晴れてお坊さんになるんじゃない?とりあえず、ヘネップという人の『通過儀礼』という本を読んでみな」

このアドバイスによって、彼女はパーと開けたのだろう。

小論文を書き終えた。


新しい人生を迎えるための結婚式。

白無垢を着ることで、花嫁はこれまでの自分の象徴的な「死」を迎える。

独り身でも、妻でもない、まったく何者でもない過渡期の状態になる。

そして、白無垢を着たまま儀礼を終えたあとで、色直しをして、新しく花嫁として「再生」した自己を示す。

歴史と民俗を上手にとらえた小論文となった。


そして、3人目。この子は、4年生唯一の男。

「温泉がやりたいです」

そういって、最初にもってきたのは、温泉のパンフレットのようなものだった。

どう指導を進めるか、と一番頭を痛めた子だった。


2人で温泉の歴史を眺める。

そこで目にとまったのは、江戸時代の「温泉番付」。

広告の発生は人々の温泉旅行への高まりを示している。

そして、毎年横綱に輝く草津温泉。

理由は…

ハンセン病に効くとある。ぴーんとくる。

「これだね。これは重要なテーマだよ」

僕は彼にそう告げた。


で、結論としては、明治に入ると草津温泉はハンセン病治療に対する評判は増し、患者のための村、そして現在には病院までもできた。

つまり、「温泉は個人のためだけのものではない。地域社会にも大きな影響を与える」

こんな視点で日本の温泉を語るタイ人はそういないはずだ。


3人の小論文はもちろん荒削りで、穴も多く、結論の是非もなんともいえないだろう。

ただ、データを使って、言いたいことを、証明する。

このプロセスは踏まえさせたことは、僕は自信を持っていえる。


それは、3人が本当に頑張って、僕の注文に応えてくれたからだ。

学生は、毎日毎日、僕のところにきた。

「眠い、眠い。先生、頭痛いよ〜」

そう言いながらも、毎日学び、論文は少しずつ、少しずつ、完成へと近づいた。


「先生、バンコクに行って調べ物をしたいんですが、一緒に行ってくれませんか?」

そう言ってくれただけで、本当に嬉しかった。

学生と一緒に、僕もたくさんのことを学んだ。


そんな4年生が卒業した。

皆、泣いていた。

僕は、彼ら、彼女達の授業をもったことはない。

でも、1年間、一緒に話をしたり、遊びに行ったり、論文指導で数ヶ月間ともに学んだ。

だから、僕は本来は彼らの卒業を喜ぶべきなのに、とても寂しく思ったし、涙がこぼれた。


各自の小論文についてOKを出した日、着物の論文を書いた子が言った。

「先生、調べれば調べるほど、言いたいことが出てきます。この続きを書いたら、チェックしてくれますか?」


お辞儀の子は、

「先生、自分で調べて、勉強するって大変…

でも勉強ってこんなにも面白いということを知りました。ありがとうございました」

と言った。


彼女達の言葉は、教員1年生の僕としては、なんともいえない喜びだった。

きっと、一生、忘れることはないだろう。

こちらこそ、お礼を言いたい。

「みんな、よく頑張った!ありがと〜」


あ、そういえば、温泉の男の子はなんと言ったか、思い返す…

「リョウタ先生。このあともう一軒行きましょう。ロッブリーにもディスコあるんですよ」

3時近くまで飲み、次の日はなかなかの二日酔いになったことも、忘れることはないだろう。




<関連記事>
大学生から授業をボイコットされる???
日本ー中国の文化実習。「はいはい」を連続させる、タイ大学生の圧巻パワー。
タイ式のおかゆとタフネスな教員。
泥まみれ、踊る。壮絶な新入生受け入れ儀式、ラップノーン。
女子大生宅の、タイ式焼き肉パーティー。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!



newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.