雪道と熊。



0 コメント


小雪合戦を終え(?)、次は続石へ。



幅7m、奥行5mの石に厚さ2mの巨岩が乗っている巨石遺構で、古代人の墓とか、武蔵坊弁慶が持ち上げて作ったとかいわれているらしい。

これまた、高まる情熱。


だが、元旦の遠野、雪はしだいに強くなっている。

なかなかな趣の鳥居奥の山道は、かなり雪深い。



「この、雪道登って行かなきゃならんのか?」

全員の頭に、その思いがよぎった。


しかも、正月早々、雪山を好んで登る人はいないらしく、新雪満載で、いかにも歩きにくそうだ。

明らかにみな、気持ちがひよっている。


ところで、鳥居の下、なんの立て看板だ?



「熊…音の出るものを携帯して…十分注意…」

しんしんと降る雪の遠野はえらく静かで、しかも音の出るものなんて持ち合わせていない。

正月早々、雪降りつもる山中、一家で熊にあって、死んだふり、なんて恐怖を通り越して少し滑稽だ。


「次へ行こう」

誰からともなくそう言い、我々は車へと戻った。






<関連記事>
「できればもう一度、一緒に酒を呑みたいもんだなぁ」って。
童心、父母
タイの反政府デモとは無関係なロッブリーの穏やかさと、僕の父母
タイの泣けるCM。”タイ生命保険〜愛の沈黙編〜
娘を思うタイのおっちゃん、出店で大奮闘



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


童心、父母。



0 コメント


”遠野の地勢を知る”

これが正月、遠野での目的だった。


まずは、遠野の旧家、「曲り家」の千葉家へと向った。

曲り家とは、母屋と馬屋が一体となった住宅のことをいう。

千葉家は170年ほど前の建築というから、期待は高まるばかり。

東北・遠野への、情熱はとまらない。


さて、元旦の遠野は雪が降り始めていた。

午前中、陸前高田では虹が出ていたのに。

やはり、太平洋側の地域と、内陸の山間地域は気候がまったく違うものである。


いや、それにしても東北やね〜。



そんなことを思いながら、窓の外を眺める。


千葉家は中心部からだいぶ外れたところにあった。

しんしんと降る雪のなか、高台に堂々と建っている。



おお。さあ、いざ館内へ…高まる情熱。

が、残念休館。

ホテルの人は休みじゃないと行ってたのに!…

そんなことを思いながら、雪降る千葉家を眺める。


休館と知るやいなや両親、特に母は、そそくさと車へと戻ろうとしている。



母は北海道出身なのに、かなりの寒がり。

早いところ、車に戻って休みたいのだろう。


「ホッ」

母の声とともに、ボフっという音がした。

「いた!はら立つなぁ〜」

笑いながら言う、父の声。




見ると、母が父に向って雪玉を投げている。



そこで、父も負けじと、雪を拾って玉を作りはじめている。

キャッキャと逃げる母。


「いくつだよ」

2人に向って言い放ったが、かく言う僕も、雪玉を作るかどうか、迷っていた。





<関連記事>
夜空に舞う、コムローイ(天灯)。ロッブリーの一家団欒。
ピマーイ遺跡。どことなく感じた”わび”の源泉。
夕方5時からの、ロッブリー風情。
タイ・ロッブリーのプール。日々、分刻みで行動す。
車窓から見たアユタヤー付近の洪水。その大変さを少しだが、でもモロに実感する。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!





前へとつづく虹



2 コメント


年末年始、日本に一時帰国していた。


そして、正月は理由あって、家族で東北・遠野へ行った。

遠野では車を借りたので、「東北に来たからには、やはり一度は被災地に訪れなければならない」という思いのもと、ホテルの方の勧めにしたがって、陸前高田へと向った。


遠野から山々を越え、そろそろ陸前高田かという場で、目の前にひろがった広大な土地。

なにもない。

津波に襲われた範囲の、そのあまりの広さに驚愕する。


海岸に近づくにつれ、言葉を失う。

外は、強い風がふいていた。

涙がでて、ただただ手を合わせることしかできなかった。




陸前高田で見たこと、感じたことは、ここで何回書いても、何回書き直してみても、うまく表現できない。

”来てよかった”

ただ、そう思った、そのことだけ書いておきたい。




" 奇跡の一本松 " から駐車場へと歩いている途中、目の前に虹がかかった。




前へ歩くための虹だ、と信じている。





<関連記事>
夜空に舞う、コムローイ(天灯)。ロッブリーの一家団欒。
ピマーイ遺跡。どことなく感じた”わび”の源泉。
夕方5時からの、ロッブリー風情。
タイ・ロッブリーのプール。日々、分刻みで行動す。
車窓から見たアユタヤー付近の洪水。その大変さを少しだが、でもモロに実感する。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


ロッブリー・ナーラーイ宮殿遺跡での壮大なクラシックコンサートと、パチパチ音。



2 コメント




「ここロッブリーでは1年に1回、遺跡を前にしてのクラシックコンサートがある」

 ニウェート氏から誘いを受けて、先日(実はかなり前)行って来た。


場所は、ナーラーイ宮殿。

17世期にナーラーイ王によって建てられた宮殿で、現在は博物館となっている。 



宮殿の入り口は、顔が異常に広いニウェート氏のおかげで顔パス。

で、博物館の責任者の方々の紹介を受ける。

全員、とても気さくなおばちゃん方で、実はコンサート後には、ともにビールを呑んだ次第である。

 ま、ニウェート氏とつるむと、いつもこういう結果だ。


それはさておき、コンサートが始まるまで、遺跡をニウェート氏に少し案内してもらう。


かつて、ナーラーイの遺跡に関わる仕事をしたことがあるというだけに、詳細にかつ、軽快にそれぞれの説明をくわえるニウェート氏。 

彼の大学での授業は、生徒にとって、きっと楽しいことだろう。


 で、日が沈みはじめようかという頃、いつものようにちょいと水分補給。



悠久の歴史を今に伝える遺跡のなかで、夕焼けを見上げて飲む一杯は、格別だ。



さて、コンサートが始まった。 


タイやラオの伝統音楽や、クラシック音楽などが演奏される。




壮大な遺跡をバックにした音楽や踊り。

建築を含めた総合芸術である。

ガラにもなく、瞳を閉じてみたりして、芸術を楽しむ。


パチン!

パチン!


明らかに音楽とは趣を異にする、手を叩く音が妙に騒がしい。

そう。

会場には尋常じゃない蚊がぶんぶん飛んでいて、観客がそれに翻弄されているのだ。


壮大な遺跡。流れるクラシカル音楽。そして、パチパチ音。 

このすべてが組み合わさってこそ、どこか間の抜けたようなタイ・ロッブリー特有の
クラシックコンサートが仕上がるといえよう。




<関連記事>
夜空に舞う、コムローイ(天灯)。ロッブリーの一家団欒。
ピマーイ遺跡。どことなく感じた”わび”の源泉。
夕方5時からの、ロッブリー風情。
タイ・ロッブリーのプール。日々、分刻みで行動す。
車窓から見たアユタヤー付近の洪水。その大変さを少しだが、でもモロに実感する。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.