大学生のソムタム コンテスト。



2 コメント


祭り2日目。

この日は、ソムタム コンテストが行われた。

審査員は僕を含めた異国人講師である。






ちゃっかりピースしている僕の横で、西洋の先生はがっつりカメラ目線。

さすがである。


さて、コンテストでは、9つの学科からそれぞれ2人づつが、ソムタムを作ることで競われる。

審査の基準は大きくわけて2つ。

ソムタム料理とダンスだ。


ソムタムについては、味はもちろん、匂いや創意工夫性、盛りつけ方などが問われる。

ダンスは、ソムタムを作りながらの、エンターテイメントにとんだ踊りが要求される。


ソムタム&ダンスの各学部代表はこの通り。












妙にオカマが多いのが、タイらしい。



皆写真を撮られるときは、きちんとしていた。

しかし、いざコンテストがはじまると豹変。

踊りたくってる。



品のある踊りは少数で、ほとんどが面白さや卑猥さを強調している。


とはいえ、コンテストはソムタム。

みな、創意工夫をこらして、ソムタムを作る。





そして、さあ、料理。

ソムタムとイチゴやリンゴ等のフルーツを入れたもの、西洋っぽいサラダにアレンジしたものなど、いろいろあってなかなか美味だった。


で、今驚愕しているのだが、ソムタムの写真が一枚もない。

どうやら、食べることに夢中になってて、すっかり撮るのを忘れてしまったのだ。

”審査員としてのプライド” とでもしておきたい。





<関連記事>
歴史語りの芸能民、気分。ナーラーイ祭り解説。
ロッブリー・ナーラーイ王祭り。華やかな衣装が街を彩る。もうすぐ僕の解説であり…
タイ王家による歴史的な洪水対応(ライ・ナーム)
タイはロッブリーの、ゲーテ。
200年前のソンクラーン(タイ正月、水掛祭り)と今。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!

2 コメント:

Phimai at: 2014年2月27日 21:35 さんのコメント...

めちゃ楽しそう!
ソムタムコンテストと踊り・・この組合せ日本人にはとても発想できないなぁ(笑)。
ソムタムの写真完全に忘れてましたね、そういえばイサーン風のソムタムには
醗酵させた魚の干物みたいなのが入ってたな・・あれ何の魚でしょう?

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2014年3月7日 8:02 さんのコメント...

たしかに、日本ではないですね。ソムタムと踊り!
なかなか、面白いもんでしたよ。
ソムタムのなかに入ってる魚ですか…え〜となんでしたっけね?笑

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.