雪道と熊。



0 コメント


小雪合戦を終え(?)、次は続石へ。



幅7m、奥行5mの石に厚さ2mの巨岩が乗っている巨石遺構で、古代人の墓とか、武蔵坊弁慶が持ち上げて作ったとかいわれているらしい。

これまた、高まる情熱。


だが、元旦の遠野、雪はしだいに強くなっている。

なかなかな趣の鳥居奥の山道は、かなり雪深い。



「この、雪道登って行かなきゃならんのか?」

全員の頭に、その思いがよぎった。


しかも、正月早々、雪山を好んで登る人はいないらしく、新雪満載で、いかにも歩きにくそうだ。

明らかにみな、気持ちがひよっている。


ところで、鳥居の下、なんの立て看板だ?



「熊…音の出るものを携帯して…十分注意…」

しんしんと降る雪の遠野はえらく静かで、しかも音の出るものなんて持ち合わせていない。

正月早々、雪降りつもる山中、一家で熊にあって、死んだふり、なんて恐怖を通り越して少し滑稽だ。


「次へ行こう」

誰からともなくそう言い、我々は車へと戻った。






<関連記事>
「できればもう一度、一緒に酒を呑みたいもんだなぁ」って。
童心、父母
タイの反政府デモとは無関係なロッブリーの穏やかさと、僕の父母
タイの泣けるCM。”タイ生命保険〜愛の沈黙編〜
娘を思うタイのおっちゃん、出店で大奮闘



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.