夜空に舞う、コムローイ(天灯)。ロッブリーの一家団欒。



2 コメント


昨日は、ローイクラトン(灯籠流し)祭り。

タイでは各地で、川や池に灯籠を流して、水への感謝の祈りが捧げられた。


ということで、僕も、ロッブリー市内にある、川沿いのお寺へ。


灯籠を川に流す様は、毎年ながら幻想的で美しい…

といいたいところだが、人は多く、花火やらで騒々しい。

なんとか灯籠を遠くへ流そうと、ばしゃばしゃと川に入って、灯籠に向って、必死に水をかけまくるおっちゃんもいる。

パチパチいう花火がさされて川を流れて行く、兵隊さんの灯籠とかもあったりして。

どうも、ロマンティックなムードとは少しだけ遠い。



一方の、夜空に舞うコムローイ(天灯)は、幻想的で美しい。

タイでコムローイが有名なチェンマイやスコータイほどの規模ではないにしろ、ロッブリーの寺でもコムローイは行われていた。




家族みんなで、一つの気球にロウソクの煙が充満するのをまつ。

だんだんとたまってくると、気球は空に向って、準備万端。

子供の手では届かなくなるくらい、気球は上へと飛ぼうとする。


「せーの」

一家はかけ声と同時に、気球を離した。



気球はふわりと浮かび、そしてそのまま上空はるか遠くへと飛んで行く。

「いやぁ、綺麗だなぁ」

家族とともに空を眺めながら、おっちゃんは言った。



異様に月が輝いていた、昨日のロッブリー。

明るい夜空には、色々な人たちの願いや幸せが込められた気球の光が、風に揺られて瞬いていた。

ロッブリーの田舎の素敵な夜。

最近、だいぶ風が涼しくなってきている。







<関連記事>
闇夜に浮かぶ、やわらかな光。 ローイクラトンを想う。
魂を強化する儀礼に、ホロリ。 バーイシー・スークワン 。
娘を思うタイのおっちゃん、出店で大奮闘!
「これは骨じゃないよ~」って・・・ 写真にみる、タイ・イサーンの納骨式
ひな祭りの起源と、死を遠ざけるタイの儀礼。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!




2 コメント:

Phimai at: 2013年11月21日 21:29 さんのコメント...

チェンマイやスコータイのローイクラトンはYouTubeでしか見たことないので
一度は見てみたい気もしますが、何だか規模が大き過ぎてすっかり観光用
という感じもしますね。まぁでも一度はこの時期にタイに行ってみたいです。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2013年11月21日 23:32 さんのコメント...

phimaiさん
たしかに、チェンマイやスコータイは観光用の感じになってますね。
人が多いため、渋滞もすごいらしいですよ。
でも、一度は、一斉に夜空に舞い上がる天灯をみてみたい感じもしますね。
ぼくもいずれは見に行ってみたいです。
でも、ロッブリーの慎ましやかな天灯もよかったですよ!

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.