タイの田舎の小学校を、ねり歩く。人懐っこいタイっ子達。



0 コメント


日本と中国の文化を、タイの田舎の子供達に伝える大学のイベント。

その模様はコチラを見ていただくとして…。



昼休憩時、ブラブラと1人、学校を歩いてみる。

小学校の教室。



う〜。懐かしい!

というにしては、ちょいと部屋のムードが日本のとは違うかもしれない。

さすがに王様の写真が多いし、妙に色彩豊かな気もする。

天上の巨大扇風機も、南国感がある。




当然ながら、日本のような達磨ストーブもない。(古い?)

でも、なんだかキュンとなる。(古い?)



「コンニチハ〜」

知っている単語を言って、ピースを僕に送ってくる子達。



なんとも、女の子は可愛らしい。



で、ワイワイと騒がしい場に行ってみると、そこは元気な男の集団。





妙に、盛り上がっている。





覗いて見ると、どうやらコマの対決をしているようだ。

日本の古き下町っ子が、ベーゴマをしているようなもんだろう。

両津の世界だ。



そうこうしていると、「日本語を教えて」の声。

「へい、へい」と、ペンをとる。



「ナーラックは?」

「ゴートは?」

「ラック・トゥーは?」

言われるごとに、「かわいい」「抱きしめる」「あなたを愛してる」などとタイ語で書く。


子供達は「ダキシメル…」とか「アイシテル…」などとモゴモゴ言ってる。

妙にませたセリフを覚えようとしていることはさておき、皆、日本語に興味をもっていて…



発音だけじゃなく、ひらがなも真似して書く。




まるでおっさんのような貫禄を備えたこの少年も、必死だ。




「違うよ」

女の子に注意されている。

どこの社会も、なんだか男は弱い。




元気で、可愛らしい、タイの子供達。



どこの国も小学校は活気あふれている。





<関連記事>
日本文化を、タイの田舎の小・中学生に伝えてきた。
イサーンの小学校の牛乳。
愛しきイサーンの子供たち、遊び方を知らない僕。
「アリガトウ!」と少女。連鎖する幸せ。
イサーンでサソリ。ボーと子供。




人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!


0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.