ピーターコン祭り、おっちゃん達の神々への変身。



0 コメント



捲糸儀礼と共食を終えると白い服のおっちゃん、おばちゃん達は次々と着座しはじめた。




そして、数人のおっちゃんが、ジャオポーグアンの家にぶら下げられていたとあるモノをおろす。




「なんだろうか?」と、ドキついてしまう。

おっちゃんたちは和気あいあいとしたムードでそのモノを取り出す。



儀礼というと荘厳な雰囲気を想像するが、こんなムードも多々である。



それに、ふと外を見れば相変わらずどんちゃん騒ぎ。



おばちゃんたちは踊り続けている。



ぶら下げられていたモノから取り出されたのは、柄シャツの羽織である。

おっちゃん達はそれを白い服の上に羽織った。




わいわいと楽しそうだ。




「なぜ着替えるのですか?」

近くにいたおっちゃんに聞いてみた。

「これで神々に変身するんだ」

……


ピーターコン祭りは布施太子本生経がモチーフとなっている。

ウェートサンドン王子が自国に戻るとき、国民だけでなく諸神々や精霊達が舞い踊って太子を迎える。

それをもじったものだろう。



仮面をかぶったピーターコンは森の精霊たち。

で、柄の羽織のおっちゃん達が扮するのは太子に従う、諸神々なのである。

柄羽織を羽織ることでそれが示される存在へと変身するのだ。



で、主役のジャオポーグアン。

彼はもちろん羽織ることはない。



一人、別次元の存在である。



ここでの服装は「変身」と「格差」、この両者を表象する重要な役割を果たしている。





このエントリーをはてなブックマークに追加


<関連記事>

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.