ピーターコン祭り前の混沌。



2 コメント


ラオの社会では一般的なプーク・ケーン(捲糸儀礼)

腕に白い糸を捲いて招福を願い、あるいは悪しきことからの守護を祈る。




結婚式において参列者が新郎新婦の手首に捲いたり、出生間もない赤ん坊に捲いたり、あるいは旅立ちの前に捲いたり…といろんな場面でみることができる。

結婚式のときなんかは、

「末永く幸せにな…早くいい子が生まれるようにな…」

なんて言葉をかけながら、手首に捲くのである。

これによって、人びとは幸福な気持ちに包まれる。



さて、バーイシースークワン(魂の強化儀礼)の終盤、ジャオポーグアンとその奥さん2人の手首に人びとが白い糸を捲きはじめた。




皆、我先にと群がって手首に捲き付ける。



なんか鬼気迫るような捲き方に見えなくもない。ジャオポーグアンも苦笑い?


たくさんの人びとに糸が捲かれ、ジャオポーグアンの手首は糸でびっしりだ。




その横では演奏者、歌い手、そしてそれにあわせて踊るおばちゃん達で大騒ぎ。




そんななか、白いひもを捲き終えた信者達は唐突に皆でご飯を食べ始める。



共食。

儀礼の基本だ。



両腕をのばして座るジャオポーグアン、彼に群がる人びと、突然メシ食う人びと、そして歌い踊る人びと…

混沌とした空間で、ピーターコン祭りを前に祭り集団たちのエネルギーが徐々に高まっていく様子が伝わってくる。

混沌は祭りの本質だ。





このエントリーをはてなブックマークに追加

<関連記事>
踊る蛇。 ~ピーターコーン祭・サムハ儀礼 2~
色彩のピーターコーン祭り。異様な彼らは何者か?
雨乞い儀礼のロケット祭り(ブン・バンファイ)の意味。そして、ワールドダウンタウンのチャーリーウィラポン。



人気ブログランキングへ
 
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へタイ・ブログランキング

ポチリと応援クリックお願いします!






2 コメント:

Phimai at: 2012年7月8日 11:38 さんのコメント...

祭りの前にこれだけ盛り上がるのもタイらしいですね。
ジャオポーグアンの手首に巻かれた糸はこの後どうなるので
しょうね。ミサンガのように切れるまで巻いておくのかな。
ところで私の夢の話ですが、海のようなところで釣りをして
いてすぐかかったので引き上げてみたら金ピカの龍が現れて
びっくりしてるところで目が覚めたんです。
”お、これは~?”と思い宝くじを買ってみましたが全く
当たりませんでした。欲深い人間には効果なしでした(笑)。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2012年7月8日 22:50 さんのコメント...

金ぴかの龍!?凄いですね!
それはかなり縁起が良さそう〜。
ところで、捲かれた糸ははさみでチョッキンです。何日かあとに。
さすがにミサンガ的にはいかないですね。w

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.