絶景かな、ワットプー。近所のおばちゃんも堪能す。



1 コメント
リンガが立ち並ぶ参道を抜けていく。


こうもリンガが並ぶと壮観である。

とはいえ、灼熱の日差しが、体に痛い。

リンガもいいが、日陰がほしいところだ。



そんなことを想っていると、右手に北宮殿、左手に南宮殿が迫ってきた。



宮殿にはシバ神のレリーフが彫られているというので、自然と心がワクつく。

ところが、残念なことに、遺跡の修復作業のため、宮殿内、立ち入り禁止。



どんな作業工程で、あとどれくらいで修復が完了する目処なのかを尋ねたかったが、ちと忙しいかなと思い、遠慮した。

僕はこう見えて、気を使うほうなのである。

まぁ、実際は、東南アジアの男性は基本的にはみな、あまり忙しそうにはしないし、見えもしないんだけど。



それはさておき、さらに進んでいくと、楼門の跡が僕を迎えた。



門は朽ちてもうないが、それを守る像は今も立っている。


供え物多く、今も信仰を集めている様子が伺える。



さて、ここからが遺跡へと続く石段。


石段の距離は長いが、勾配が緩やかなのが、せめてもの救いである。

悠久の歴史に思いをはせつつ、石段を踏みしめる。

やはり歴史に思いをはせるこのときが、一番の幸せである・・・



と思いきや、すぐに待ち受けた急勾配。


悠久の歴史なんぞを思い描いている余裕は無くなる。

灼熱の太陽もジリジリ。

息も絶え絶えだ。


一段、一段が妙に高い。

足が笑いはじめる。

これはいったいどこまで続くんだと思った矢先、石段を登りきった。

まだまだ、僕の体力も捨てたもんじゃないわけだ。

そして、姿を現すワットプー本殿。



おお。

一刻もはやく内部へ行きたい。

しかし、実際、足の疲れと、息遣いがそれをさせてくれない。

所詮、その程度の体力なのである。

逸る気持ちを抑えつつ、とりあえず今来た道を眺め、堪能する。



写真では伝わりにくいが、チャムパーサックの田舎を見渡すことが出来る絶景。


ワット・プーに通いなれた近所のおばちゃん(予想)も、腰に手を当て、景色を堪能する理由もうなずける。


おばちゃんは何を想っているのか、それは、計り知れない。

でも、次第に疲れは飛んでいく。


タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!

男性器と母胎をつなぐナーガ(蛇神)。~リンガとバライの象徴性~



2 コメント
「・・・・都(ヂャムパーサック)の近くには、リンガパルヴァ山がある。その頂上には祠があって、いつも5000人の兵がこれを守る・・・」

(7世紀、中国:唐で成立した『隋書』より)




写真で、ヒョコッと突出した山が、『隋書』に記載されるリンガパルヴァ山。

聖なるリンガのお山だ。



リンガとは、男性器の象徴。

そういわれてみれば、突出した山はその形に見えてくる。



7世紀の中国・唐の歴史書は、そこに5000人の兵が警備していたことを伝えているわけだ。

まぁ、人数の真偽は別として、それほどまでにリンガのバルヴァ山は、太古の昔から神聖視されていたのである。




そんなリンガパルヴァ山の山麓にあるワット・プー。

ゲートを抜けて心地いい空間を過ごしたあと、灼熱の太陽の下、遺跡へ向かう。

まず目の前に広がるのは、池である。




聖なる池、”バライ”。

バライは、巨大貯水池で、かつてのクメールの肥沃な空間作りには欠かせないものだった。

というのも、アンコール地方は、雨季にはほとんどの土地が冠水するくせに、乾季になるとカラカラに乾くという、なんともやっかいで厳しい自然環境下にある。

だから、バライのような貯水池を作ることで、水の確保と洪水の防止、二つの効果が期待されたわけだ。

太古の人々の生命に直接かかわる、重大な池なのである。



また、バライは”大海”を表現している。

大海は、ヒンドゥー神話『乳海攪拌(にゅうかいかくはん)』のワンシーンに登場する。

ヴィシュヌ神が「アムリタ(甘露)」という不死の薬を得るため、神々や阿修羅に命じ、ナーガ(蛇神)を綱代わりに綱引きをさせて、大海を攪拌させる。

すると、大海は乳海に変わり、アムリタが生じたというシーンである。



このアムリタとは、不死の薬であるが、収穫物を表現している。

つまり大海は、地上に収穫物を生み出す源の象徴的存在であり、”母胎”ともいえよう。

バライについて、ある碑文は、「大乳海のごとく喜びをもたらす池」で「その腕(分流)によって乳海自ら邪魔な水を取り除き、甘露(収穫物)の湖に変える」などと説明しているが、それも納得である。(石澤良昭『アンコール・王たちの物語』


生産面だけではなく、信仰や世界観の面にも、バライは深く食い込んでいるのだ。




男性器を象徴するリンガのお山。

母胎を象徴するバライのお池。

二つをつないで結実させるために、蛇神・ナーガは両者の間に今もひっそりと、立っている。






タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!


<参考>

ワット・プーのゲートを抜けて。残念な僕の性格。



2 コメント
ワット・プーのゲートを抜けると、まずは、入場料を払いにいかなくてはならない。

入場料を払う建物は、なかなか立派なものだったので、写真だけアップしておこう。



建物内部は、小奇麗で、風通しもよく、心地いい。


本やら土産が陳列されている。



本を買おうかと思ったが、遺跡を歩くのに邪魔と判断し、帰りに持ち越した。



だが僕は、本購入を後回しにしておいて、それを買うためにまた戻ることはあまりない。

今回も、その通りになってしまった。



今となっては、なんの本を買おうと思ったかも、よく思い出せない。

非常に残念な結果なのだが、まぁ、そんなもんかという気もする。



タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!

ラオスの若いお坊さん。日本を想う静かな読経。



0 コメント
「日本でツナミが起きたらしいですね。とても心配です」




震災のニュースがラオスでも駆け巡った次の日、パクセーのとある寺で話をしたお坊さんに言われた。

まだ21歳だという若いお坊さんは、僕の質問にどれも真摯に答えてくれる心優しい方。

時折見せる笑顔がまだあどけなく、子供のようにも見えた。



「日本のツナミの映像はとても恐ろしいですね。心が痛いです。

多くの人々が犠牲になっているようですし。

あなたのご家族や友人は大丈夫ですか?」



「はい。両親とも連絡がとれ、無事なようです。友人も被災地にはいないと思います・・・

でも、本当にショックです」



「そうですね。自然はすばらしいものですが、恐ろしくもある。

人間は自然を操ることはできない。

自然の前で人間は無力です。

だから、自然界のピー(精霊)を崇拝し、日々、敬意を払わなくてはいけないんですね・・・・


これ以上の犠牲者が出ることなく、日本に平穏無事が訪れるように、僕も祈りますよ」



そう言ってお坊さんは、読経を始めた。

お坊さんの読経を聞きながら、僕は手を合わせた。


シャッ、シャッ、シャッ。

聖水が僕の体に吹きかけられた。



静寂に包まれた境内で、静かに流れる読経。

被災した日本にも届くような、そんな気がした。



タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!
newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.