タイからルアンパバーンへ続く道 ~ルーイ県ターリー郡のタイーラオス国境~



4 コメント
ルーイ県。

イサーンなのに北部っぽさ満点の県。



山々に囲まれたその自然景観が、タイ北部っぽさをかもし出しているのだろう。



先日、ルーイ県のとある町からフラリと車で向かってみたタイーラオスの国境ターリー郡までの道のりは、それはもう山々の連続だった。 

途中こんな具合に、直線に過ぎる坂道もある。



ブレーキの故障が発生しないことを切に願う。



写真を撮る僕の横を、地元のおっちゃんが通った。

どうみても綺麗とは言いがたい。



でも、農作業のために、毎日毎日この坂道を歩んでいるのだろう。

いや、もしかしたらチウおじいさんばりに、奥さんとの約束を果たすべく丘へと向かっているのかもしれない。

もちろん勝手な想像だが、そんな風に考えると不思議な何かを背中に見る思いである。



それはさておき、目的のターリー郡。

着いてみれば驚くほど何もない。

ぽつんとタイーラオスの国境のゲートが立っている。




「軽く向こうへ行っていい?」

ゲートのおっちゃんに尋ねてみる。

「いいけど5時までには戻ってこいよ」

小学生の子を持つ親のような回答だ。

国境云々の問題ではなく、時間が問題なのである。



ということで、急いで見に行ってみる。

何しろもう16時半だ。



・・・・何もない。



褐色の川がゆったりと流れているだけだ。

人が行きかう昼間に来るべき場所だったのかもしれない。

そんなことを考えながら、ボーと褐色を眺める。



17時まで十分の余裕を残し、ゲートを後にする。

途中ふと、「もしかしたらもうここには来ないかも」と思い、再度ゲートを振り返り見ておく。



ルアンパバーンまで363km」の文字。

ここはルアンパバーンまで続く道。



そういえばルーイ県は、かつてアユタヤー国とランサーン国の国境的な場として認識されていた地域である。

そんな歴史的に育まれた地域性や認識が、ルアンパバーン363kmの文字に凝縮されているような、そんな気がした。




タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!

4 コメント:

匿名 at: 2011年8月28日 22:41 さんのコメント...

匿名です。今月も5日間のバンコク滞在を終え明朝帰国。連日のスコールに外出はビーサンで。来月も雨続きでしょうか?

Phimai at: 2011年9月5日 15:26 さんのコメント...

Ryotaさんはじめまして!
タイで暮らしている方のブログを探し求めいろんな方の
ものを見ましたがRyotaさんのが一番興味を惹かれ、
最初から全部見させていただきました。
ホントおもしろいです!
私はタイにたった2回(滞在日数約1ヶ月)しか行ったこと
がないのですが、いわゆる観光名所などは殆ど行かずに
汽車や路線バスで街を周ったりした(タイに住んだことの
ある友人に連れられてですが・・)ことがすごく心に刻み
こまれ、タイが大好きになりました。
これからも更新楽しみにしています!!

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2011年9月8日 8:48 さんのコメント...

匿名さん
返事遅れてすみません!相変わらずお忙しそうですね。
スコール。家の中から眺める分には最高なんですが、外に出るとなるとあまりに面倒に過ぎますねぇ。

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2011年9月8日 8:54 さんのコメント...

phimaiさん。

はじめまして!返事が遅くなってしまってすみません。
あたたかいコメント、ありがとうございます。とても嬉しいです。

汽車や路線バスでタイをめぐられたとのこと。いいですねぇ。タイの人びとの暮らしぶりに密着した乗り物なので、なんともいえないムードがありますもんね。僕も大好きです。

ああ、なんだか妙に汽車に乗って遠くへ旅に出たくなってきちゃいました・・・笑

これからもよろしくお願いします!

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.