ラオスの若いお坊さん。日本を想う静かな読経。



0 コメント
「日本でツナミが起きたらしいですね。とても心配です」




震災のニュースがラオスでも駆け巡った次の日、パクセーのとある寺で話をしたお坊さんに言われた。

まだ21歳だという若いお坊さんは、僕の質問にどれも真摯に答えてくれる心優しい方。

時折見せる笑顔がまだあどけなく、子供のようにも見えた。



「日本のツナミの映像はとても恐ろしいですね。心が痛いです。

多くの人々が犠牲になっているようですし。

あなたのご家族や友人は大丈夫ですか?」



「はい。両親とも連絡がとれ、無事なようです。友人も被災地にはいないと思います・・・

でも、本当にショックです」



「そうですね。自然はすばらしいものですが、恐ろしくもある。

人間は自然を操ることはできない。

自然の前で人間は無力です。

だから、自然界のピー(精霊)を崇拝し、日々、敬意を払わなくてはいけないんですね・・・・


これ以上の犠牲者が出ることなく、日本に平穏無事が訪れるように、僕も祈りますよ」



そう言ってお坊さんは、読経を始めた。

お坊さんの読経を聞きながら、僕は手を合わせた。


シャッ、シャッ、シャッ。

聖水が僕の体に吹きかけられた。



静寂に包まれた境内で、静かに流れる読経。

被災した日本にも届くような、そんな気がした。



タイに行きたきゃ  にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ 
タイに住みたきゃ  タイ・ブログランキング   ポチリとクリックお願いします!

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.