ワットプーのサーイシン(聖糸)おばちゃんたち。



0 コメント
ワットプーの遺跡に向かう参道を歩いていると、おばちゃん数人が、木陰で座り込んでいた。


どうやら、観光客にサーイシン(聖糸)を施しているようだ。



サーイシン。

イサーンやラオスではすっかりお馴染みの、魂を強化する儀礼。

呪文を唱えながら、手首に紐を巻きつける。


「健康が続くように・・・」

「たくさん幸せになるように・・・」

「安全に日々過ごせるように・・・」

などなど、だ。



僕がタイ東北部イサーンでいつもお世話になっている家から、バンコクに戻る際は、年長者が必ずサーイシンを施してくれる。

「元気でね。私たちのことを忘れずに、必ず村に戻って来るんだよ。・・・」



僕はいつも決まってホロリとなる。

大きな元気をもらう。

「魂を強化する儀礼」とは、よく言ったものである。



さて、ワットプーのサーイシンおばちゃんたち。

どうやら気持ち程度の礼金をとってのサーイシン儀礼のようだが、まぁ、ワットプーでそれを受けるのも悪くはないだろう。

ということで、

「おばちゃん、よろしくお願いします」

右手を差し出した。



「安全な旅になりますように・・・健康でありますように・・・幸せでありますように・・・」

おばちゃんは、呪文を唱えながら、僕の手首に糸を巻きつけた。

こなれた動作が、小気味いい。

サーイシンが終わると、僕はワーイ(手を合わせる、タイ式挨拶)をして、気持ち程度の礼金を差し出した。



「いつも、ここでサーイシンをしているの?」

灼熱の暑さの中、尋ねてみた。


「そうだね。毎日じゃないけど、よく来ているよ。

こうして友達と話をしているのが楽しいのよ。

それに、観光客がサーイシンを受けて、サバーイジャイ(気分良く)で帰ってくれるのも嬉しいしね。

この遺跡に来たことを、よかったなぁと思ってもらえればいいね・・・

それくらい、この遺跡は素敵だよ・・・」

灼熱の中で、サーイシンおばちゃんは答えた。



おばちゃんたちにとってワットプーは、大事な信仰対象の場であり、憩いの場でもあり、そして世界に誇る地域の財産でもある。

少しでも、ワットプーに対していい思い出をもって、帰ってほしい、というのは当然だろう。



そして、実際、僕はおばちゃんたちと話をして、サーイシンを受けて、元気をもらったし、ワットプーのなかでのいいワンシーンになった。



遺跡を中心にして、いろいろな人、思いが交叉する、ってなもんだ。



それにしても、あまりに灼熱ワットプー。

日射病や熱中症にならない(たぶん)、サーイシンおばちゃんたちのパワー(たぶん)は、圧巻だ。



応援のほど、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.