ワットプーまでの悪路。半笑い西洋観光客。



2 コメント
パクセーの街を出て約30分。

これまで通ってきたアスファルト道路が工事中らしく、巨大な大木でふさがれていた。





そこで、仕方なく横道にそれるが、これがなんとも、でこぼこ道。



がったん、がったん揺れながら運転していく。




砂埃もひどい。

僕の目は細めだが、それでも容赦なく砂が入ってくる。

サングラスを持ってこなかったことを後悔しつつ、がったん、がったんと進んでいく。



そんな僕の様子を、ワゴン車に乗った西洋の観光客達が見て、一様に半笑いだった。

「オー。 東洋人は根性があるね~」

「オー。 まさに、サムライ」

そんな声が聞こえてきそうな、半笑いさ加減だったが、こっちは運転に集中していて、彼らに笑顔やサムライパフォーマンスを送る余裕など無かった。

ワゴン車は、砂埃に苦しむ僕を尻目に、颯爽と駆け抜けていった。


笑顔くらい送ればよかったと、いまさらだが後悔している。



まぁ、それはさておき、しばらく行くと、アスファルトの道路が見えてきた。

こいつは助かったと思いきや、実のところ、もっと悲惨だった。

砂埃で、視界は最悪だ。



それに、砂利だとハンドルも持っていかれる。

対向車が跳ね上げる小石が首筋にあたったときは、これが目だったら・・・と思い、ゾッとする。

やっぱり、サングラスを持ってくればよかったと、切に思う。

なんとも神経を使う運転である。



こんな悪路を進むこと10分。

ようやくバイクは、舗装された村の道にいたった。






その村で僕はあるお祭りの情報を得る。

偶然にも、ラオスで一度見てみたかったお祭り。ブンパウェート。



ワットプーの遺跡を前に、ちょっと寄り道をすることとなった。


応援のほど、よろしくお願いいたします
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ

2 コメント:

匿名 at: 2011年4月28日 10:47 さんのコメント...

匿名です。ついに、待ちに待ったbodyslumのコンサートDVD発売のニュース。来月の訪タイが待ちどうしくて仕方ありません!!!

Ryota Wakasone(若曽根了太) at: 2011年5月8日 19:42 さんのコメント...

僕も間違いなく購入です!!!笑

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.