イサーンの村の歌手の友だち。



0 コメント
村人たちの前で、ギターを弾き語るその友人は、物静かだ。

見た目はTOKIOの長瀬風なのに、高倉健ばりの渋いトーンを備えている。

僕とは性質が違う。


彼は、普段は村の役所に勤めている。

で、時々、村のイベントなどの際に、皆の前で歌を披露するのだ。



村人たちが寝静まった夜更け。

僕たちは、村の道にござを敷いて、酒を呑んだ。

同世代ということも手伝って、お互い気を使うこともなく、静かに酒を酌み交わす。

相手が高倉健ばりだと、僕も物静かに酒を嗜むようになるものである。


「俺は、歌手になるためにこの村を出て、都会へ行った。最初はバンコクに行き、その後、パッタヤーのとある店で歌っていたんだ。

でも、なかなか思うようにいかなかった・・・

当時、一緒に住んでいた彼女も、僕と同じように、歌手だったんだ。

で、彼女は成功した。今もパッタヤーで歌っているはず。

才能があったんだ。本当にすばらしい歌手なんだよ。


僕とはぜんぜん、違ったんだ・・・・


そして、今は村に帰ってきて、役所に勤めている。

それでも、村のお祭りの時なんかには、ギターの弾き語りもやるんだよ」



音楽のことを話している彼は、懐かしさと、少しのさびしさを抱えているように見えた。

それでも、とても輝いていた。

夢破れたとはいえ、やはり、音楽が好きで仕方ないのだろう。

そんな感じがひしひしと伝わった。



その日は、2人で、ビール瓶を20本近くあけて、ベロベロに酔っ払った。

次の日は当然のごとく、二日酔いだったけど、役所内で、ビシッと制服を着込んで、彼は仕事をしていた。


音楽の話をしているときの彼も輝いて見えたが、役所内でもキマッていた。

僕と目があうと、”頭痛い”というジェスチャーをした。



「もう一度、バンコクとかへ行って、歌いたい?」

「いや、もう都会はいいんだ。村でこうしてみなと静かに触れ合いながら、時々歌を歌う。これで幸せだよ」

そう、静かに語った彼が、村で村人たちに歌を披露する、その姿をいつか見たいものである。


※敬称は略しました。

応援のほど、よろしくお願いいたします
人気ブログランキングへ
にほんブログ村 海外生活ブログ タイ情報へ
にほんブログ村

0 コメント:

コメントを投稿

newer post older post
Related Posts Plugin for WordPress, Blogger...
若曽根了太(WAKASONE Ryota). テーマ画像の作成者: biyan さん. Powered by Blogger.